【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
第116回・記者クラブ楽屋裏座談会

第116回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 


「暑さ寒さも彼岸まで」――人間は平気でウソをつくが、お天道様はしっかりと秋を運んでくれました。「人間は自然に生かされている」ことをつくづく感じさせられます。が、その謙虚さも「喉元過ぎれば熱さ忘れる」で、「自然を克服する」ことが「科学の進歩」と豪語する始末。

その傲慢さが「地球の温暖化」、すなわち「異常気象」を招いているにもかかわらず、「大変だ、大変だ」と騒ぐばかりで反省は皆無。犬畜生にも劣る傲慢さは、まさしく「
人類は地球にとってガン細胞」。とめどなく増殖、傍若無人に自然を破壊する厄介者でしかありません。

ひょっとすると地球を破壊する「インベーダー」は、宇宙から来るのではなく、我々人類自身のような気がする今日この頃でございます。本日もよろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・

「大マスコミのバカさ加減は相変わらずどころか、ますますエスカレートしているような…」

「その末席を汚している者として“自白”するようでバツが悪いが(笑)、我々の現場は、みんな萎縮してしまってBさんのおっしゃる通りの無惨な状況だ」

「大マスコミに始まって、テレビ、週刊誌、スポーツ紙まで全社、まるで判で押したみたいに全米オープンで優勝したテニス選手、引退公演の人気歌手の話題ばっかり。いくら数字が大切とはいえ、歌ならぬ『使命を忘れたカナリア』だよ」

「ボヤキに便乗するつもりはありませんが、ホント最近の取材記者ときたら、学歴は立派だが、勧善懲悪の覇気がないというか、カスばっかり(笑)です」

「新聞業界は毎月、万単位で部数が減ってるし、週刊誌だって軒並み往時の5分の1以下。無くなることはないだろうが、まるで日向の氷だ。未だに活字にしがみついてくれている団塊の世代が死に絶えると、一緒にドボチンかも…」

「皆さん、湿っぽい話題ばかりですが、それもこれも身から出た錆。社会の木鐸としての矜持を忘れたことが原因です。それと並行してスマホが普及、一般人を1億総記者、1億総発信者にしてしまったのですから、既存のメデイアがコンテンツがどうの、こうのと言ったところで勝負の帰趨は歴然。滅びゆく恐竜ですよ」

「今の記者ときたら事件は現場で起きているというのに、パソコンの前で座りっ放し。自分の足で取材するという基本の基本を忘れて、掲示板やツイッターを追っかけるのに必死なんだから…。それを注意するとパワハラだと騒ぐし、結局は、当局の発表ネタに手を加えて1面トップ記事。これじゃAIでも十分に間に合うと、つくづく思うよ」

「権力に批判の矢を向けようとしても、出世と住宅ローンの残高にしか興味がないヒラメ上司からボツ指令。しかも面倒くさい取材は下請け会社に任せっきり。いっそのこと“電波広告屋”と表札を替えた方がシックリするよね(笑)」

「まあ、共同通信を除いて株式会社ですし、しかもテレビ局は上場までしてるんですから、手かせ足かせ状態で鋭い取材なんかできませんよね。ご同情申し上げます(笑)。――それはそうと、本紙黒ブログで何度か取り上げた秋元康氏がプロデュースする『国民的ガールズバンド』の募集広告(下記写真)がネットで炎上、批判の的になっています」

  



「秋元氏らしい奇をてらった募集広告のようですが、どこが問題なのですか?」

「ガールズバンドは今、大流行ですし、秋元氏がワーナー・ミュージックと組んで新しいバンドを作るのはいいとして、問題なのはその貼り紙の文言が女性を蔑視していると…」

「AKB48、欅坂46など、年端もいかない女の子を団体で売り出すのは秋元氏の十八番だからな。しかし柳の下に何匹もドジョウがいるとは思えないけど、一体どんな文言なんだ?」

秋元康プロデュースガールズバンド 第1期生募集!! 未経験OK 恋愛OK〉〈夢は弾いてかなえろ!〉〈武道館でライブしたい人〉というキャッチコピーはともかくとして、後に続く〈有名人と熱愛したい人!〉〈IT社長と結婚したい人!〉という文言はあざとすぎると批判が集中しているのです」

「要するに音楽的才能云々ではなく、『このバンドのメンバーになれば、有名人や資産家と関係できますよ』というのは、正直といえば正直だけど(笑)ちょっとエグイというか、秋元氏らしからぬ品格に欠ける文章だな」

「秋元氏の名前さえ出せば売れると錯覚している周辺のややこしい人間が調子に乗って書いたのだろうが、ちょっと酷いなあ。

「しかし、バンドのメンバー募集の段階で、こんなケチがつたのでは売れるものも売れなくなるんじゃないですか」

「本文で記事にしたキーホルダー社の増資の件同様に、今回も秋元氏を“神輿”にして、ひと儲けを企む輩の所業だと思いたいのですが…」

「坂道には上り坂もあるし、下り坂もあります。いくら秋元氏でも、いつまでも坂道を上れるとは限りません。今回の募集広告についたケチは、ひょっとすると、秋元氏の威光が下り坂になりつつあることの予兆かもしれませんね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連休中にもかかわらずご出席いただきありがとうございました。なお、今週の埋め合わせに次週の連休はお休みに致します(笑)

| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
第115回・記者クラブ楽屋裏座談会
第115回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 

 
「木の葉が沈んで石が浮く」のが当たり前の今の世の中。まさに「不条理」のオンパレードでございます。範を垂れるべき政界・官界のお歴々の醜態が話題にならぬ日はなし。本来ならば頭を垂れて反省と思いきや嘘・嘘・嘘の言い訳速射砲。それでも、いよいよもって逃げ切れぬとみるや、途端に「FakeNewsだ!」「印象付けだ!」と御託を並べて桂春団治ばりの開き直り。「責任者出て来い」の大合唱にも耳日曜とばかりに素知らぬふり。ホトボリが覚めたころを見計らって雀の涙程度の報酬返上でジ・エンド。「そんなアホなことあるかい!」――本来ならば、ここで一喝するのが大マスコミの使命。にもかかわらず、昨今の彼らときたら寄らば大樹の陰とばかりに、ソロバン弾いて嘘つきたちの擁護に回る体たらく。これじゃあ新聞の発行部数が激減するのも当たり前田のクラッカー。嗚呼、神州・日本はいつからこんな矜持を忘れた選良たちが大手を振って歩く国になったのか。天を仰いで涙する今日この頃でございます。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「お盆明けには一斉逮捕と噂されていたのに、秋分の日が来ようというのに『五反田・海喜館地面師事件』は未だに音無し。どうなっているんだい?」
 
「縦横斜め、どこから見ても悪党ばかりなのに、なぜ当局は躊躇しているのでしょうかね」
 
「ヤル気がないわけでないとすれば、被害者の積水ハウスに何か忖度してるんでしょうかね?」
 
「ヘタに全貌を明らかにすれば積水ハウスにも累が及ぶのかもしれんな」
 
「もし、そうだとすればテレビで流れる『積水ハ〜ウス、積水ハ〜ウス』なんていう爽やかなCMソングも虚しく聞こえますね」
 
「地面師事件といえば、『新橋・白骨事件』なんか、チンとも声がしないが、おかしいなあ」
 
「不動産所有者が隣家との間に白骨死体となって挟まっていたのに、それを事故死だなんて、どうかんがえてもおかしいだろう。しかも8月だぞ。臭いがしないはずはないと思うが、あのあたりの住民はみんな蓄膿症なのかもな(笑)」
 
「あの不動産売買に関わった奴は全員が凶状持ちですよ。片っ端から引っ張って、石を抱かせりゃ一発で吐くと思うんですがねえ」
 
「あれも引っ掛かったのはNTT都市開発ですから、強盗殺人事件にすると不都合なことがあるのかもしれませんね(笑)」
 
「昨日まで電話屋だったのが、海千山千が跋扈する不動産業界にノコノコ出て来ちゃ、カモにされるのが関の山。使わなくなった電話局を新しいビルにするぐらいで丁度いいんだよ」
 
「それなのに“魔界”と言ってもいい新橋界隈を大規模開発しようだなんて、100年早いのでは?」
 
「傾いた不動産会社上がりの“外人部隊”を中途採用しているらしいが、彼らにすれば一発、大きい仕事をしなけりゃ肩身が狭いわけだから、ヤバイと判ってても、ついつい無理をしてしまうのかもな…」
 
「無理をするといえば、犯罪的な融資が次から次に噴出中のスルガ銀行なんか、無理をさせていたのが創業家自身だったことが明らかになりつつあります」
 
「スルガ銀行がカボチャの馬車の御者を務めていたというんだから酷い話だよな」
 
「ふた言目には、反社排除を口にするくせに、自分たちが反社会的行為で金儲けしているんですから、タチが悪すぎますよ」
 
「昔から沼津では『ズル銀からカネを借りるようではお終い』と言われていたらしいんですが、そのズル銀がお終いになりそうだとは、因果応報ですね」
 
「そういえば昔、財務省の職員から『スルガ銀行は東海道の平和相互だ』と言われたことがあるのですが、その通りだったわけですね」
 
「これからは反社排除を叫ぶ銀行には気をつけなくちゃな(笑)」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「暑さ寒さも彼岸まで」――ようやく秋の気配が感じられるようになりましたが、9月は夏の疲れが出る頃です。くれぐれもご自愛ください。
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 06:59 | comments(0) | -
第114回・記者クラブ楽屋裏座談会

第114回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 


当欄の嫌味が効いて?少しはマシになるかと思いきや、テレビ各局は相変わらず。「テレビを観るとバカになる」番組ばかり。たとえば昼間の時間帯のワイドショー。大道香具師上がりではないかと思うほどに達者な口上の司会役、その司会役に相槌を打ちつつ、井戸端会議よろしく唾を飛ばすのは、ひと山いくらのB級芸人にロートルタレント、○○評論家と称する知識人風のお歴々。各人に共通するのは「そういうお前はどうなんだ!」とツッコミを入れたくなるようなスカばかり。こんなラインナップで延々2時間。以前から「利口が作ってバカが観る」といわれたテレビも、これでは「アホが作って輪をかけたバカが観る」と言いたくもなろうというもの。まさしく電波と時間の無駄以外の何物でもない!とつくづく思う今日この頃でございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

「先週の『悪党ぶった斬りシリーズ』は予想以上の反響でした。味をしめて(笑)今回も二匹目のドジョウ狙いの第2弾で暑さを吹っ飛ばしたいと思います」


一同「異議なし!」


「とは言うものの、誰を俎上に乗せようかと、あれこれ思案したのですが、あまりにも悪党の数が多すぎて迷っています(笑)」


「そうだろうなあ。上から下まで、乱れに乱れた世の中だもの。悪党が蔓延るのも無理はないだろう」


「ひと昔前の悪党は、まだ愛すべき部分があったし、それなりの潔さも持ち合わせていたものだが、最近の悪党
は真逆。理屈はこねるは、開き直るは、性根の腐った奴が多くなったな」


「自分は頭のテッペンから足の先まで反社のくせに、図星を指されると、やれコンプライアンスだ、それ弁三百代言だ、奉行所だと往生際の悪さはMAX。亡八どころか、亡百野郎ばっかりです(笑)」


「前回にBさんが予告しましたが、郷鉄工所を食い潰した松尾隆なんか、その条件にピッタリじゃないですか?」


「松尾もワルだが、松尾以上の悪党といえば大門のS級チャンピオン・今井洋だろう」


「そうですね。今井をスルーしては、今井本人にも失礼ですよね(笑)」


「今井なる人物については、よく知らないのですが、そんなに悪い奴ですか?」


「いかにもヤリ手のビジネスマンらしく細身の背広でビシッと決めて、シロサギ、クロサギの二刀流。カタギはもちろん、裏世界の猛者も手玉にとる達人だ」


「ついこの間まで明治天皇云々を売り物にタレント活動をしていたT某に事務所を提供していたし、裏から表まで人脈は広いぞ。とにかく都内のややこしい不動産物件には、必ずと言っていいほど名前が出るし、カネになると思えば北は北海道、南は生まれ故郷の四国まで遠征するフットワークの良さは大したものだ」


「出身は四国なんですか?」


「愛媛県です。確か西条高校東京OB会の会長ですよ」


「西条高校といえば、愛媛ではそこそこの名門だぞ。古くは巨人のエースだった藤田元司や今では眞鍋ナントカいう才媛タレントの出身校だ」


「しかし、今井がそんな名門校のOB会会長だなんて、悪い冗談ですよね(笑)」


「事件馴れしているというか、ヤバイなと思った物件には、自分は表に立たず、ダミーを立てて裏でコントロールする。――イザという時に備える悪知恵の回し方は名人級ですが、今井の最大の欠点は濡れ衣を着せたダミーの面倒見が悪すぎることです。韓国クラブで豪遊したり、済州島のカジノ通いで遣うカネの一部でも分けてやればいいのに、長年にわたって腹心ともいわれた専属ダミーの板垣某と仲違いしたのも、そうした器量のなさ、意汚さ、ケツの穴の小ささが原因と言われています」


「そこが悪党としてはS級でも、仕事師としてはB級。今ひとつ“人気”のない原因なんだな」


「とにかくカネにルーズだし、韓国クラブには借金してでも皆勤賞。週末になればスキップしながら済州島。浪費の挙句、債権者に追い込まれると110番。これでは世間を狭くすると思うのですが、目先のことに追われると、あんな風になってしまうんでしょうね」


「本人も暴力団とは昵懇なんでしょう?」


「昵懇どころかズブズブ(笑)。関東一円はもとより故郷の愛媛、大阪、北海道と“全国区”ですよ」


「表の顔はカタギでも、裏へ回ればフロント並みの真っ黒クロスケ。まあ、これぐらいの鉄面皮でなければ、東京アンダーグラウンドで渋太く生き延びることは出来ないだろう(笑)」


「聞きしに勝る“大物”だな、今井は。――さて番付だが、往年の切れ味の良さが残っていれば東の正大関だが、カネに追いまくられている現状を考えて、カド番大関あたりでどうかな(笑)」


「さすがはCさん、絶妙の番付編成(笑)――今井洋はカド番の西の張出大関ということで…」


・・・・・・・・・・・・・・・・・


猛暑の中、本日も面白い話題でありがとうございました。なお、来週は遅まきながらの夏休みでお休みに致します。

| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
第113回・記者クラブ楽屋裏座談会
第113回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 


「責任を取って大臣手当を返上します」―—少し前では麻生財務相、そして直近では野田総務相。本来なら、最低でも辞任すべきなのに、近時、永田町で流行っているのが、ハナクソ程度の大臣手当を返上して事足れりとする悪しき風潮。特に先週の聖子大臣の会見など、ご夫君の指導がいいのか、それとも姉御肌の気性がなせるわざか、面倒くさそうな表情もあらわに早口で原稿を読むだけ。一体、これで責任を取ったことになるのか。大方の国民は、大臣失格どころか、国会議員失格と感じたに違いないのだが、ご当人は意気軒昂。総裁選出馬に含みを持たせる発言には、恐れ入り谷の鬼子母神。『牝鶏が鳴くと国滅ぶ』―—古人の言葉を痛感した今日この頃でございます。本日もよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今日は『悪党ぶった切りシリーズ』と題して当然、逮捕されてもおかしくないのに何故か、野放し。シレッとして娑婆を歩いている悪党たちを片っ端から俎上に乗せたいと思います」

「まず一番手に挙げなければいけないのは、土井淑雄だろう」

「さすがはAさん。この世に悪党はゴマンといますが、土井は悪党中の悪党ですよ」

「土井に騙された被害者に話を聞いたことがあるのですが、市中引き回しのうえ磔の刑にしても恨みは消えないと涙ながらに語っていました」

「土井がパクられないのは、当局のSだからという噂を聞いたことがあるぞ」

「師匠格のH翁が生きている時は、まだ可愛気があったが、師匠亡き後は持ち前の冷酷さが全開。嘘はつくのは朝飯前、仲間をペテンにかけるは、追い込まれると、僕はカタギですみたいな顔をしてヤクザ連れて来て脅すんだから始末に負えんヨ」

「土井みたいなのを煮ても焼いても食えぬ輩と言うんでしょうね」

「墨田区の事務所には毎日のように借金取りが押しかけているようですが、カエルの面にナントカ。騙し取ったカネを借用証書に書き換えて、アッカンベーなんですから亡八者顔負けです」

「以前は足立区の梅島方面に住んでいたと聞いたことがあるが…」

「現在は墨田区のサハダイヤモンドビルに住民票を移しています」

「ところで、アイツはどこの生まれなんだい?」

京都市上京区ですよ」

「それで太閤ナントカという、いわくつきのゴルフ場に関与していたんですかね」

「俺も京都生まれだが、京都人の名折れだな。ところで幾つなんだ、土井は」

「生まれたのが昭和30年8月ですから、今年で63歳です」

「ついでに女性関係はどうなんだ?」

「平成9年に8歳年下のS女史と結婚していますが、愛想を尽かされたのか、3年前に離婚していますからバツ1ですね」

「お盆明けにもハジけると言われている『五反田・海喜館事件』でも逮捕確実と専らの噂だが、本人はシュン太郎になってるんじゃないの?」

「開き直っているのか、逮捕されない自信があるのか、涼しい顔で中古のベンツに乗って次の獲物探しに奔走しているらしいですよ」

「見た目は、田舎役場の戸籍係みたいな顔ですから、被害者もうっかりして騙されるんですかね」

「そうかもしれませんね(笑)」

「そんなこと言ったら真面目にお勤めしている戸籍係から文句が出ますよ(笑)」

「当座談会の悪党番付では関脇クラスかな?」

「いやいや、どう控えめに見ても大関に推挙すべき逸材ですよ(笑)」

「次は誰をまな板に乗せるの?」

郷鉄工所を食い潰した事件屋の松尾隆あたりはどうでしょうか?」

「いいですねえ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやはや、今日は面白い座談会でした。今後もこの路線を是非、続けてください。それでは…。

 
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
第111回・記者クラブ楽屋裏座談会
第111回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 

 
殺人タックルに端を発して、殺人猛暑、そして殺人豪雨――ミソもクソも一緒にして申し訳ないが、世はまさに“殺人”ラッシュ!――世が世であれば、治世の失敗のせいと為政者は袋叩きに遭うべきところ、現世にあっては、大雨予報も何のその、我らが選良は「態勢は万全だった」と嘯きながら、飲めや、歌えのドンチャン騒ぎ。しかも、そのドサクサ紛にちゃっかりとカジノ法案、参院議員増員法案を可決。――いやはや、いやはや、こんな日本に誰がした!と天を仰いだところで詮なきこと。そもそも民を思いやる気持ちを忘れた国賊議員に一票を投じたのは我々自身。すべては身から出た錆。「もうムチャクチャでござりますがな」と思う今日この頃でございます。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「日本は、いつから赤道直下の国になったのか?――ホントに暑い毎日です」
 
「外を2〜3歩あるくだけで汗がドバー。できることなら泊り専門のシフトに代えてもらいたいよ」
 
「またまた、Aさんなんか涼しい部屋でパソコンを前にふんぞり返っているだけでしょ(笑)」
 
「そうだよ。会見にも滅多に出て来ないし…(笑)」
 
「フリーの我々なんか、1文字いくら、ペラ1枚でナンボの世界なのに、羨ましい限り。箸は2本、筆は1本の書き屋風情が贅沢言っちゃいけませんよ(笑)」
 
「ところで、先日、ガサ入れがあった『五反田・海喜館事件』ですが、明日にでも一斉逮捕があってもおかしくない気配です」
 
「一斉逮捕ということは、相当な人数になるのですか?」
 
小山某、土井某は確定の赤ランプが点いているけど、後は誰だい?」
 
「現在、被疑者の立場にあるのは、2人の他に内田某、生田某、広田某、金某女、それに小林某ですが…」
 
「どうせ、どいつもこいつも『俺は知らなかった』とトボけるているんだろうが、この際だ、みんなまとめて面倒みてやればいいのに…(笑)」
 
「小山なんか、長期刑を覚悟してか、毎晩のようにネオン街で豪遊三昧。おまけに出所後の生活に備えて、せしめたカネでロシア人の愛人名義で何軒もの億ションを所有しているんですから太い野郎ですよ」
 
「土井はどうなんだい?アイツも娑婆にいてはいけない仕事師だぞ」
 
「土井にしては、今回は珍しく貰いが少ないようで、逮捕は仕方ないにしても、塀の中に落ちるか、どうかはギリギリの線ですね」
 
「小林某はどうなんですかね?」
 
「バッジを失くしてからは、銀行筋の分類は“事件屋”。とはいえ、一応は元国会議員ですからね。当落線上でしょう」
 
「聞くところによると、富ヶ谷案件で小山を引っ張って、後は五月雨式に逮捕するらしいんだが…」
 
「まあ、この事件が落着すれば、一世を風靡した地面師事件も下火になるだろう」
 
「そういえば、細野某先生の5000万円拝借事件で脚光を浴びたJCサービス事件の続報が聞こえてきませんが…」
 
「それにしてサルは木から落ちてもサルだが、国会議員は選挙に落ちればタダの人とはよく言ったもの。JC証券には3人もの元国会議員が雁首揃えているんだから情けないよなあ」
 
「落選した国会議員は、平手造酒状態のくせに、プライドは高いが仕事は全然。言葉は悪いが、始末に負えない産業廃棄物みたいなもんだな」
 
「ここで大事なお知らせがあります」
 
「急に改まって何ですか?」
 
「当欄が軒下を借りている『敬天新聞』の白倉康夫社主がこの度、『立ち上がれ 日大マン!――黒幕田中体制に挑戦――』(人間の科学新社・1200円)という著書を出版しました」
 
「凄いじゃないか。今でこそ、大マスコミも日大の問題点を報道しているが、会員制情報誌FACTAを除く、全社が恫喝訴訟を恐れて沈黙。そのなかで白倉氏は孤軍奮闘、10年以上にわたって田中体制の闇の部分をブログで発信してきたわけだから、きっと他メディアの追随を許さない内容だろう」
 
「未公開写真も満載のようですし、来週中には全国の書店に並んでいるはずですから、皆さんも是非、お買い求めください」
 
一同「了解!」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
筆舌に尽くしがたい暑さの毎日です。呉々も日向をうろつかないように気をつけてください。

 
 
 
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -