【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第100回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第102回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第101回・記者クラブ楽屋裏座談会
第101回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 


「ケッ、週刊誌ごときのネタの後追いなんかできるかい!」――こんな啖呵も今は昔の物語。昨今の大新聞の記者ときたら、かつての意地と矜持は何処へやら。トップを引いて地雷を踏むのは御免とばかりに後追い専門。二番煎じ、三番煎じで大満足。そのくせ口を開けば「我らは社会の木鐸で御座候」。その厚かましさは残飯漁りのハイエナくんもビックリ、ビックリ。部数減も当たり前田のクラッカーか。嗚呼、情けなや、情けなや。「ブン屋は昭和時代の化石と相成りぬ」と思う今日この頃でございます!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「永田町といい、霞が関といい、あまりにもデタラメすぎて寛容で知られる私も開いた口が塞がりません(苦笑)」

「まさに、世紀末!――よその国ならとっくにクーデターが起こってるぞ(笑)」

「国税庁長官も事務次官も不在という異常事態にもかかわらず、元締めの財務大臣はG20会合出席にかこつけてアメリカへ逃亡。無責任にもほどがあります」

「傲慢を絵に描いたような元締めですが、最近ますます口が曲がっているように見えるんですけど…」

「そりゃあ、あれだけ憎まれ口をたたきゃ口も曲がるだろう(笑)――長官や次官は役人の終着駅。つまり責任をとるためのポストなんだが、最近の官僚は、平然とウソをついて責任転嫁。どいつもこいつも国賊野郎ばかりだな(笑)」

「TV朝日のS記者にセクハラ発言を連発、渋々、辞任した財務事務次官なんかは国賊と呼ぶのも勿体ない破廉恥漢だ。一部には、酒の摂取過多による酒乱と噂されているが、閉門蟄居どころか数寄屋橋に晒し者にすべきだろう(笑)」

「記憶と恥を忘れたキャリアほどタチの悪い生きものはいないんじゃないですかね」

「官僚の劣化も大問題だが、『週刊誌に垂れ込んだのはけしからん』とS記者の対応を批判したTV朝日の深夜の記者会見も噴飯ものでした」

「上層部が政権に忖度、どうにもならないから矢来町に飛び込んだのに、自分たちの狡さを棚に上げて云々するんですから卑怯ですよ」

「いずこも同じ秋の夕暮れ。――同業としては言いにくいが、ウチだって同じような対応をしたんじゃないかな」

「ネタを取るために女性記者を前線に配置するのはテレビ局ばかりじゃないぞ。新聞だって同じだ。社会部なんか、それこそキャバクラのネエチャンじゃないかと錯覚しそうな女性記者が跋扈してるのが現実だ」

「そりゃあ、取材を受ける側にすれば、むさ苦しい輩より、美形かどうかは別にして、女性記者の方が気分はいいですもんね(笑)」

「悲しいかな、くノ一挺身情報部隊の方がいい仕事をするんですから…。女高男低。つまりは男がだらしないんですよ(笑)」

「隠して、改竄して、ウソをついて、最後は記憶にありませんを連発する永田町や霞が関のお歴々に比べれば、あっさり辞任した新潟県知事の方がよっぽど潔いですね」

「まるで純情行進曲。東大卒で医者にして弁護士。世間知らずなのかもしれないが、援助交際ごときで辞めるなんて、ホントに勿体ないよな」

「新潟県民に迷惑を掛けたわけじゃなし、独身だし、K大の女子学生に自腹で奨学金を提供することのどこがいけないのかね。同じ論法で国会議員を断罪すれば、半分ぐらいアウトだと思うぞ(笑)」

「一部にはハニートラップ説も噂されていますが…」

「脇が甘いと言いえばそれまでですが、家庭第一、妻以外知らない一穴主義の私でさえ、権力を振りかざし、税金を喰って平然としている国賊たちこそ辞任すべきだと思います」

一同「ウソつき〜!(笑)」

「それはそうと、六本木・湖雲寺をはじめ、田原町・吉川ビルなどで活躍。事件屋坊主として知られる自修院住職の酒井正覚が強制執行妨害容疑で逮捕されました」

「ひょっとして相手は万葉の湯で知られるT氏かな?」

「さすがはAさん!――ご明察です」

「立志伝中のT氏も豊洲で難儀していることで焦りもあって、口八丁、手八丁の酒井に足許をすくわれたのだろうが、これからの時代、檀家激減で衰退一途の坊主の甘言には気をつけなければ…」

「ところで田原町の競売はどうなったのですかね」

「入札は残金が入らず不発。そのうえ3階には突然、浅草卓球クラブの看板がかかったし、八重洲の事件屋・巾着切りの岡が『鍵屋』の社長に就任するなど一件落着どころか、グチャグチャ状態です」

「グチャグチャといえば、アルデプロに関して、このところ芳しからぬ噂が飛び交っているようだが…」

「在庫処分は進展せぬまま。レオパレス21、天一ビルなど、新たに手を付けた物件も今ひとつ。やることなすことすべてが裏目で株価も50円台まで下落。頼みのA信組から返済を迫られているようだし、縋った先がマチ金の雄・V社。早晩、信号が黄色から赤に変わるかもしれませんよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

来週からGWです。みんな、いつまでも若くありません。日頃の不摂生で傷んだ体を癒してもらうために(笑)来週と再来週の座談会はお休みに致します。本日はありがとうございました。
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする