【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第109回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main |
第110回・記者クラブ楽屋裏座談会
第110回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 


文科省高官が、出来の悪い自身の息子の裏口入学と引き換えに東京医大に3500万円もの税金を原資とする補助金を支給!――情けないの一語に尽きる所行である。「涜職の罪」は高級だろうと低級だろうと、公務員にあっては最も恥ずべき犯罪である。裏口入学は、医学部に限らず、私立大学ならどこにでもあることだが、依頼したのが監督官庁のお役人、唯々諾々と引き受けたのが大学の理事長と学長とあらば看過できない。

私学出ながら、順調に出世の階段を登ってきた驕りが、かくも不細工な所行に走らせたのか。それとも、こんなことはどこの官庁でもやっているじゃないかという“霞が関の習慣”が為さしめたのか。あるいはK元文科相の娘である妻に「何とかしなさいよ」とハッパをかけられたせいなのか。いずれにしても親子鷹ならぬ、親子そろって馬鹿者である。

それにしても近時、教育界に不祥事が頻発するは何故なのか。それぞれ事情は違うだろうが、思うに、敗戦時に進駐軍が大ナタを奮わなかった組織のひとつが教育界である。空襲を受けなかった都市に今なお、戦前の地縁、血縁を核にした人間関係が残っているのと同じで、良きにつき、悪しきにつけ、教育界に今なお、脈々も残る旧い時代の常識のせいなのか。こんなザマでは三流官庁と揶揄されるのもやむなし!子どもたちに道徳を教える資格なし!――と思案する今日この頃でございます。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

「サッカーも終わり、やっと本格的にモリカケ事件と日大問題に再びのスポットライトが当たると思いきや、新モノ喰いのマスコミは、突如として噴出した文科省局長の便宜供与事件、サリンを撒いたオウム真理教の死刑囚の死刑執行に大挙して出動。批判の矢を浴びていた安倍首相と田中英壽理事長は、内心ほくそ笑んでいるでしょうね(笑)」 

「試験の点数を水増ししたのは東京医科大の臼井正彦理事長と鈴木衛学長だ。『いずこも同じ秋の夕暮れ』――理事長というのは、今やすっかり悪党の代名詞になってしまったな(笑)」 

「東京医大の校是は正義・友愛・奉仕だが、これに裏口を加えなきゃいけないよ(笑)」 

「東京医大といえば、だいぶ前の話ですが、病院新築の受注をめぐって大手ゼネコンとの間で問題があったような…」 

「東京医大はとにかく問題の多い大学ですが、創立100年も経てば、功績もあるでしょうが、垢が溜るのも当然。かくなるうえは経営陣を総入れ替えして、日大に責任の取り方のお手本を見せなきゃ」 

「ガンは手術できても、心の闇は除去できない――!医学は進歩しても、人間は進歩しない。――ホントに因果な動物だな、人間は!」 

「それはそうと、前回も少し触れましたが、JC証券から5000万円を借用したことで窮地に陥っている細野豪志衆院議員に議員辞職の声が上がっているそうです」 

「まだ導火線に火が点いた段階です。いずれその時が来るでしょうが、腹を切るのは、もう少し先じゃないですかね」 

「女々しさでは政界一。そんな色男に腹切りの度胸があるとは思えないが、どうだろうか」 

「JC証券の親会社・JCサービスのデタラメさについては、兄弟会社のLCレンディングが、反社勢力と組んで富士リゾートゴルフ倶楽部を買収したことを記事にした際にも触れたが、社長の中久保正己自身は、元県庁職員という経歴に似合わぬ、根っからの仕事師だ。資金繰りに窮した挙句、暴力団との二人三脚で遣り繰りしていただけに、いずれ事件化するとしても暴力団がらみの詐欺事件あたりと思っていたのだが、恐れ入り谷の鬼子母神。民主党のタニマチと言われたD総研ルートで永田町まで手を延ばしていたとは、まったくの想定外だったな」 

「しかし、細野先生もダメですね。触っていいカネと、触っちゃいけないカネの区別がつかないんですから…。事件の拡がり様によっては政治生命も終わっちゃいますよ」 

「JCサービスは、政界・金融庁・暴力団と、今や満身創痍状態だ。中久保自身は肝っ玉の小さい詐欺師だから、お白州に座ったら、あることないこと洗いざらい謳うだろうな」 

「そうなればLCサービスの兄貴格のmaneoマーケットにも間違いなく波及。これまでに集めたカネは200億円以上といわれているだけに3社共倒れ。大型倒産に発展するかもしれません」 

「とすると、JQ市場に上場している親会社的存在のLCホールディングスも無傷では収まらないでしょうね」 

「この事件が大きくなれば、モリカケ事件なんて、完全に過去の話。安倍首相の逃げ切りで総裁選三選が現実味を帯びてきそうだな」 

「それもまた困ったものだな!(笑)」 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

天候不順の折、本日もありがとうございました。どうか強風に飛ばされないように気をつけてお帰り下さい。
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
モバイル