【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第111回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第113回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第112回・記者クラブ楽屋裏座談会

第112回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 


「殺人タックル事件」に触発されたのか、どうかは分からないが、連日の「殺人猛暑」にはさすがにグロッキー。こんな時にはクーラーの効いた部屋でテレビでも。いきなり飛び込んできたのが、どこかの組の親分?と見紛うサングラスの爺さん。蓮っ葉な口調でわめきたてるアナウンサーの解説によれば、この爺さんの肩書は日本ボクシング連盟の終身会長とか。そんな団体があったとは、寡聞にして初めて知ったが、一体、何があったのか。この爺さん、どうやらアマチュアボクシング界のドンらしいのだが、長きにわたって独裁者よろしく組織を私物化。やりたい放題、横暴の数々に300人以上の連盟関係者が「辞任」を求めて叛旗を翻したのが今回の騒ぎのようだが、ハテ?どこかで聞いたような?―—スケールこそ違え、日大中枢部のデタラメぶりと相似形ではないか。もっともその日大のドンは、卑怯にも未だに記者会見を拒否して穴熊のままなのに、サングラス爺さんはテレビの前で堂々の持論展開。その是非はともかく、逃げも隠れもしない姿勢は、むしろ天晴れ之介と言うべきか。同じドンでも公式ブログに弁護士作成?の空疎な謝罪文を掲げて事足れりとする姑息さには、今さらながらのこととはいえ辟易とする今日この頃でございます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「猛暑、酷暑、炎暑――ホントに暑い毎日ですが、その暑さに輪をかけているのが、東京医大の裏口入学事件と杉田水脈とかいう陣笠代議士のLGBT発言です」

 

「張り子のトラ呼ばわりされて久しい特捜部の面目躍如と言いたいところだが、これぐらいの気合で森友学園事件にも取り組んでいれば評価もできるのだが…」

 

「魚は頭から腐る――まあ、それぞれに事情はあるのだろうが、嘘と隠蔽とゴマカシが大手を振るようでは、日本の国はおしまいだな」

 

「ひと昔前なら、ちょっとした失言、食言でも、たちまち辞任したものだが、今は平気の平左。それどころか、屁理屈をこねて開き直るんだから、処置なし。永田町は金八先生ならぬ亡八先生ばかりです」

 

「こんな時こそ、大マスコミが張り切らなければいけないのに、そのマスコミもすっかり萎縮してしまって、まさに無用の長物化。特にテレビなんかは、肝腎なことは見事にスルーして気象情報と2年先のオリンピック報道一色。矜持のカケラもありません」

 

「Cさんには悪いが、今のテレビ局なんか完全にブラック化した衰退企業だ。ややこしい事件の取材は下請任せ。政治番組は忖度、忖度。バラエティも仕込みばかり。他社のことは言えないが、まだ新聞の方がマシだと思うよ」

 

「新聞の方がマシという意見には承服しかねるが(笑、)確かにテレビの現場は10年前に比べれば劣化の一途。例えば今、話に出たバラエティ番組も、突撃、ハプニング、アポなしなんて謳っているけど、すべては仕込み、ヤラセ、演出なんだから、視聴者が気の毒だよ」

 

「名誉棄損で訴えられそうなテーマはハナから無視。どうでもいい事件とスポーツ番組さえ流しておけば万事OK。これじゃ、テレビを観る人が少なくなるのも当然です」

 

「誰のために公共の電波を使うべきなのか。誰のために新聞があるのか。本来の使命を見失ってしまっては国民にソッポを向かれるのは当然です。要は自分で自分の首を絞めているのに、それに気付かないんだから…」

 

「どのチャンネルを回しても同じ。違うのは、どこで拾ってきたのか、怪しげなコメンテーターが愚にもつかない井戸端会議。お笑い芸人やアイドル上がりばかりを重用すること自体、内容の空疎さを物語っていると思うな」

 

「お説ごもっとも。分かっているからこそ、どの局も不動産屋になろうと必死だ。赤坂のテレビ局なんか、賃貸ビルの家賃収入がなければ、ヤバイんじゃないかな」

 

「テレビが凋落すると、運命を共にするのが芸能界です。プロダクションのタレント養成所が増えているのも、明日のスターを夢見て、芸能界入りを目指す素人の高額の授業料を次のシノギにしようと目論でいるからでしょう」

 

「実態は詐欺スレスレ。十代の女の子を安いギャラで何十人も並べて、舞台で飛んだり跳ねたり。これって女衒ビジネスですよ」

 

「いっそのこと、政治なら政治、経済なら経済、スポーツならスポーツと各分野の専門局にすればいいんじゃないか(笑)。今みたいに大同小異の幕の内弁当局ばかりじゃ、共倒れになるのも時間の問題だよ」

 

「それを言うなら、新聞紙面だって似たり寄ったり。新聞も専門紙ばかりにするべきだと思いますよ(笑)」

 

「暑さのせいで熱くなったところで、今日はこの辺で…」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まだまだ暑さは続きそうです。早寝早起き、睡眠を十分にとって健康管理には細心の注意を払ってください。ありがとうございました。

| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする