【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第113回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第115回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第114回・記者クラブ楽屋裏座談会

第114回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 


当欄の嫌味が効いて?少しはマシになるかと思いきや、テレビ各局は相変わらず。「テレビを観るとバカになる」番組ばかり。たとえば昼間の時間帯のワイドショー。大道香具師上がりではないかと思うほどに達者な口上の司会役、その司会役に相槌を打ちつつ、井戸端会議よろしく唾を飛ばすのは、ひと山いくらのB級芸人にロートルタレント、○○評論家と称する知識人風のお歴々。各人に共通するのは「そういうお前はどうなんだ!」とツッコミを入れたくなるようなスカばかり。こんなラインナップで延々2時間。以前から「利口が作ってバカが観る」といわれたテレビも、これでは「アホが作って輪をかけたバカが観る」と言いたくもなろうというもの。まさしく電波と時間の無駄以外の何物でもない!とつくづく思う今日この頃でございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

「先週の『悪党ぶった斬りシリーズ』は予想以上の反響でした。味をしめて(笑)今回も二匹目のドジョウ狙いの第2弾で暑さを吹っ飛ばしたいと思います」


一同「異議なし!」


「とは言うものの、誰を俎上に乗せようかと、あれこれ思案したのですが、あまりにも悪党の数が多すぎて迷っています(笑)」


「そうだろうなあ。上から下まで、乱れに乱れた世の中だもの。悪党が蔓延るのも無理はないだろう」


「ひと昔前の悪党は、まだ愛すべき部分があったし、それなりの潔さも持ち合わせていたものだが、最近の悪党
は真逆。理屈はこねるは、開き直るは、性根の腐った奴が多くなったな」


「自分は頭のテッペンから足の先まで反社のくせに、図星を指されると、やれコンプライアンスだ、それ弁三百代言だ、奉行所だと往生際の悪さはMAX。亡八どころか、亡百野郎ばっかりです(笑)」


「前回にBさんが予告しましたが、郷鉄工所を食い潰した松尾隆なんか、その条件にピッタリじゃないですか?」


「松尾もワルだが、松尾以上の悪党といえば大門のS級チャンピオン・今井洋だろう」


「そうですね。今井をスルーしては、今井本人にも失礼ですよね(笑)」


「今井なる人物については、よく知らないのですが、そんなに悪い奴ですか?」


「いかにもヤリ手のビジネスマンらしく細身の背広でビシッと決めて、シロサギ、クロサギの二刀流。カタギはもちろん、裏世界の猛者も手玉にとる達人だ」


「ついこの間まで明治天皇云々を売り物にタレント活動をしていたT某に事務所を提供していたし、裏から表まで人脈は広いぞ。とにかく都内のややこしい不動産物件には、必ずと言っていいほど名前が出るし、カネになると思えば北は北海道、南は生まれ故郷の四国まで遠征するフットワークの良さは大したものだ」


「出身は四国なんですか?」


「愛媛県です。確か西条高校東京OB会の会長ですよ」


「西条高校といえば、愛媛ではそこそこの名門だぞ。古くは巨人のエースだった藤田元司や今では眞鍋ナントカいう才媛タレントの出身校だ」


「しかし、今井がそんな名門校のOB会会長だなんて、悪い冗談ですよね(笑)」


「事件馴れしているというか、ヤバイなと思った物件には、自分は表に立たず、ダミーを立てて裏でコントロールする。――イザという時に備える悪知恵の回し方は名人級ですが、今井の最大の欠点は濡れ衣を着せたダミーの面倒見が悪すぎることです。韓国クラブで豪遊したり、済州島のカジノ通いで遣うカネの一部でも分けてやればいいのに、長年にわたって腹心ともいわれた専属ダミーの板垣某と仲違いしたのも、そうした器量のなさ、意汚さ、ケツの穴の小ささが原因と言われています」


「そこが悪党としてはS級でも、仕事師としてはB級。今ひとつ“人気”のない原因なんだな」


「とにかくカネにルーズだし、韓国クラブには借金してでも皆勤賞。週末になればスキップしながら済州島。浪費の挙句、債権者に追い込まれると110番。これでは世間を狭くすると思うのですが、目先のことに追われると、あんな風になってしまうんでしょうね」


「本人も暴力団とは昵懇なんでしょう?」


「昵懇どころかズブズブ(笑)。関東一円はもとより故郷の愛媛、大阪、北海道と“全国区”ですよ」


「表の顔はカタギでも、裏へ回ればフロント並みの真っ黒クロスケ。まあ、これぐらいの鉄面皮でなければ、東京アンダーグラウンドで渋太く生き延びることは出来ないだろう(笑)」


「聞きしに勝る“大物”だな、今井は。――さて番付だが、往年の切れ味の良さが残っていれば東の正大関だが、カネに追いまくられている現状を考えて、カド番大関あたりでどうかな(笑)」


「さすがはCさん、絶妙の番付編成(笑)――今井洋はカド番の西の張出大関ということで…」


・・・・・・・・・・・・・・・・・


猛暑の中、本日も面白い話題でありがとうございました。なお、来週は遅まきながらの夏休みでお休みに致します。

| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする