第119回・記者クラブ楽屋裏座談会

第119回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 


先週書いた不敬の輩・小堀邦夫靖国神社宮司が辞任した。当然である。畏れ多くも天皇陛下を愚弄するかの如き言葉を口にするとは、世が世であれば切腹どころか獄門打ち首であろう。「天皇陛下は靖国神社を潰そうとしている」――いくらお賽銭の飛びが悪いとはいえ、天皇陛下を客寄せパンダとして扱おうとする小堀前宮司の心根の卑しさには、靖国神社に祀られている英霊たちも怒り心頭に違いない。加えて「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」からは寂として声なし。例大祭にこれ見よがしに行列を作ってお参りするのは単なるパフォーマンスにすぎないのでは?と思うのは、私だけではないはずである。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「月内に『五反田・海喜館地面師事件』の犯人たちが逮捕されるという噂が出ていますが…」

「またかよ(笑)。お盆明けには、8月中には、9月中にはと、これまで何度も逮捕情報が出回ったけど全て空振り…。ついつい眉に唾をつけたくなるんですけど…(笑)」

「今度は間違いないと思いますよ」

「今度とお化けは出た例がないというけどなあ(笑)」

「逮捕予定者は総勢10人以上になると言われています」

「そういえば、別件で既に網走刑務所に服役中の内田某が警視庁に押送された?という話を耳にしましたが、ひょっとすると今度こそ、マジかもしれませんよ」

「昨日、事件の周辺関係者から『主犯格の小山某が国外に逃亡した?』という電話があったけど、実際のところはどうなんだろうね」

「浅草、錦糸町界隈で遊び惚けているのは長い懲役を覚悟した放蕩だと本人は豪語していたようですが、いざとなると10年以上は確実の懲役に怖気づいてしまったのか、それとも当局を欺くポーズだったのか?――根っからの悪党ですね」

『サルは木から落ちてもサルだけど、国会議員は落ちたらタダの人』 ――小林某はメンバーに入っているの?」

「長らく素浪人状態とはいえ元国会議員。生田某に部屋を貸しただけですからセーフでしょう」

「生田某は当然、アウトなんだろう」

「小銭を掴んだみたいですから、残念ながら…」

「しかし、事件が発覚してから1年以上。時間がかかり過ぎているのでは?」

「小山といい、逮捕リストに載っている土井某、北田某といい、ひと筋縄でいかないプロ詐欺師ばかりですから供述を録るのに手こずるのは分かりますが、確かに遅すぎますね」

「地面師事件といえば、所有者が白骨で発見された新橋はどうなっているんですかね?」

「そういえば、全然だな。白骨死体が真夏に発見されたというのに、死亡については事件性なしだなんて、どう考えてもおかしいと思うけどなあ。結局、NTT都市開発が騙された単なる民事事件で幕引きになりそうな気配だな」

「地面師事件ではありませんが、女流詩吟家・東郷某女(故人)の中野区の自宅が詐取された事件をS紙の記者が追っかけているようです」

「その事件なら、本紙が数年前に微に入り細に入り書いたのに、今頃ゴソゴソ動いたところで時間の無駄。言っちゃ悪いがアホだな(笑)。どこの新聞社なんだい?」

「S紙ですよ」

「東郷女史も主犯格のS某も既に石蓋を担いでいるというのに、貧すれば鈍するを地で行く鈍感ぶりだな」

「昔のS紙には、それなりにサムライ記者がいたけどなあ…」

「S紙に限らず、今の大マスコミは全紙、全局、雁首揃えて腑抜けばかり。ウチの局を含めて、期待されては困るんですけど…(苦笑)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cさん得意の自虐話が出たところで、本日はこの辺でお開きにしたいと思います。秋深し、寒くなりました。風邪を引かないようにご自愛ください。

 

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • -
  • 07:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM