第121回・記者クラブ楽屋裏座談会

第121回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「風邪をこじらせて肺炎一歩手前だったそうで、今日もKさんはお休みです。皆さんも若くないのですから(笑)無理をしないでくださいよ」

「Kさんのダウンは他人事じゃないよ。ホント、気をつけなきゃ」

「毎回のように取り上げている<五反田・海喜館事件>ですが、8人もの容疑者を逮捕、華々しいスタートを切ったものの、肝腎の小山某土井某は未だ逃亡中。締まらない状況が続いています」

「ふたりとも直前までウロウロしていたのに警察は油断していたのかな?」

「10月入ってから<仕掛け資金提供者>と言われている新橋の野口某をはじめ、“世話”になった関係者に律儀に挨拶回りしていたから、逃亡するのは<予定の行動>だったのだろうな」

「文春、新潮両誌が揃い踏みで捜査員が“内通”していたと報じていましたが…」

「どうせ(土井の)運転手あたりが漏らしたのだろうが、確かに土井はいつも『俺には組対3課のS管理官がついているからパクられない』と吹聴していたもんな」

「土井は超マメだったからなあ。お目こぼしと引き換えに<仕事仲間のチンコロ+袖の下>でいい関係だったのでしょう。――土井が出て来なければ癒着疑惑もウヤムヤになるし、管理官にとっては好都合ですし…」

「総会屋を根絶やしにしてしまったから組対3課は開店休業状態。<閑居して不善を為す>の典型だな(笑)」

「逮捕されれば、ふたりとも相当長い懲役になるだろうから、逃げ倒すつもりでしょうね」

「塀の中も海外も同じ。あの2人は娑婆にいないだけで世のため人のためだよ」

「それにしても騙された積水ハウスの対応も何だかスッキリしませんが、色々あるんでしょうね」

「何処も同じ秋の夕暮れ。――規模を問わずマンション・戸建て業者なんて似たり寄ったりの<建て売り屋>。テレビCMで爽やかムードを振りまいているが、役員は全然、爽やかじゃないから…(笑)」

「確か、なりすまし婆さんを手配した秋葉某女も逮捕されているはずなのですが、となれば<新橋白骨事件>にも波及するんじゃないですかね」

「当然だろう。五反田が落着すれば、新橋も殺し?はともかく地面師事件としてやらなきゃおかしいだろうな」

「そういえば、前回も触れたドン・キホーテが難儀していた渋谷・Aビルの立ち退きに目途がたったようです」

「へえ〜。複数のややこしい人物が跋扈していたのに、よくまとまったものですね」

「さては、また<ドンキの守護神>=天井某が手柄を立てたのかな?」

「あの爺さん、一日中パチンコばっかりしているのに大したものですね」

「表にも強いが、裏にも強い。事実ならば<ドンキのドン>の信頼厚い天井氏だからこその快挙と言うべきだろう」

「噂によれば<川崎・東田町案件>“活躍”したS住宅の関係者が、Aビルと天井氏の仲を取り持ったと言われていますが、どうなんでしょう」

「ありうるな。最近、ちょくちょく天井氏の事務所に顔を出していたそうだからな」

「登場人物は魑魅魍魎ばかり。そんな彼らをなだめすかして泥池に蓮の花を咲かせるのだから、天井氏の辣腕ぶりには尊敬しちゃうな(笑)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありきたりの話題でしたが(笑)、マスコミが触れない中身の濃いお話をありがとうございました。本日はこれにて終了します。なお、来週は先導役のBさんとCさんが欠席のためお休みとさせて頂きます。

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • -
  • 07:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/10/29 10:11 PM
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM