【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第122回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第124回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第123回・記者クラブ楽屋裏座談会
 第123回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB
 
 
人一倍、健康には留意していたはずなのに、不覚をとって肺炎になってしまい、ご迷惑をおかけしました。退院は来週になりそうですが、皆さんの顔を見たくて病院に外出許可をもらって参加させて戴きました。なお、本日は私の長年の友人W氏をゲストとしてお招きしました。彼は某中堅証券OBで、現役時代は「地獄耳のW」と謳われた情報通。退職後も証券関係者はもちろん、金融庁、警視庁など当局関係者との太いパイプは健在で、現在は某研究所で顧問として活躍、特に「インサイダー取引」の分析にかけては博士級です。今日は遠慮なくWさんを質問攻めにして戴いて結構ですから…(笑)。それでは万端、よろしくお願いします。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「初めまして、Wでございます。司会者のKさんとは20年来の付き合いで、肝胆相照らす仲。病院に見舞いに行った際に、自分が司会をしている座談会で是非、マル秘ニュースを開陳して欲しいとの依頼を受け参加させて戴いた次第です。どうぞよろしくお願いします」
 
「Wさんとは以前、当社の先輩の出版パーティでお会いした記憶がありますが、こうやって間近でお会いできるのは光栄の至り。どうかよろしくお願いします」
 
「今日は、せっかく高名なWさんに来て戴いたのですから、Wさんを中心に、質疑応答形式で進めたいと思います。――本日のテーマは『SESCが狙うインサイダー取引銘柄』――談論風発、いつものように肩の力を抜いた活発な座談会をお願いします」




「そう持ち上げられては面映ゆいのですが(笑)――10月末に米国ファンドによるTOB情報でADK(東証1部)の執行役員が在宅起訴されたのに続き、先日(11/13)もLCホールディングスのH社長とO取締役(いずれも辞任)が東京地検に告発されました」
 
「グループ会社のロジコム株絡みと報道されていますが、H氏ともあろう御仁が、どうしてあんなミエミエの売買をしたのか。不思議でなりません」
 
「インサイダー取引は、一般人から見れば大したことないと思われがちですが、脱税と並んで『経済人失格』の烙印を押されかねない割に合わない致命的な犯罪です」
 
「氏より育ち。――かつて悪名を轟かせたH社の残党だもの。インサイダーくらい朝飯前だろう(笑)」
 
「還暦も過ぎたんだから倉庫屋のオヤジで静かにしていればいいものを、すっかり晩節を汚しちゃいましたね」
 
「ところで、SESCがこれからの獲物というか、“摘発予定レーダー”に映している銘柄は…」
 
「次は、あの菱和ライフクリエイトのN某が会長として指揮を執っているルーデンホールデイングス(JQ)の摘発が近いのではないか?と見ています。以前から何かと騒がしい会社だし、市場外での売買や株価の露骨な乱高下はしょっちゅう。江戸の仇を長崎で。――当局としてはN会長を事件こそ違え、一度取り逃がしているだけに、今度こそという気持ちでしょう」
 
「株式公開のハードルが下がったおかげで、ややこしい会社でも堂々と上場できるシステムを改めない限り、株式市場を『錬金術の場』『私腹を肥やすインサイダーの場』と考える輩が、次から次へ出て来るのも無理からぬところ。スルガ銀行、仮想通貨、クラウドファンデイングと問題山積だけに金融庁も頭が痛いでしょうが、狡い守銭奴はトコトン、市場から放逐してもらいたいものです」
 
「以前、本紙のメインブログで何度か取り上げていたようですが、キーホルダーも、ここ数ヶ月ずっとSESCがウオッチしている銘柄です。いつも手法はナントカのひとつ覚えで、作詞家の秋元康氏を神輿に担ぎ、半グレ崩れを中心とした取り巻き連中が、ワイワイ、ガヤガヤ。ドサクサ紛れに株価を吊り上げるワンパターンの手法には、さすがに当局も怒り心頭。今度こそは!と手ぐすね引いています」
 
「そういえば、この前もIRで『秋元氏配下のAKSが運営する人気グループ・SKE48の事業を承継することになった』と発表(11/13)していましたが、本当なんですかね。これまでも華々しい掛け声で株価は騰がるのですが、実がならぬうちに(´・ω・`)、株価はいつの間にやら元の木阿弥となってしまうのが通例ですから…」
 


 
「そうなんだよ。今回も発表されたIRを仔細に読むと、肝腎な箇所を巧妙な言い回しでボカしているから油断できません。たとえば『(SKE48事業の)承継に向けた基本合意書を締結することに加え、同事業の承継による新規事業開始の検討につき決議いたしましたので〜』と書かれていますが、あくまで検討課題にすることを決めたにすぎないわけです。さらに「今年の12月中にAKSとの本契約を締結することを目指しており、今後の協議を経たうえで〜と常套句のようにエクスキューズを濫発しているんですが、これは契約が流れた時に『予定は未定だった』と逃げるための予防線とも読めますよね。芸能界は夢をカネに替える業界というのは分かりますが、1度や2度ならともかく、しかも今回は内偵の真っ最中の折も折、堂々とタラレバ満載の事業計画をカネに替えるのは、さすがに悪質すぎる!と、旧知のSESC担当者も怒りをあらわにしていました」
 
「名付けて『秋元流アドバルーン式インサイダー取引』というのは如何ですかね(笑)」
 
「まだまだWさんのリュックサックの中には情報が入っているようですので、ここで一息入れて、引き続き第2部をお願いしたいと思います」
 
(次号に続く)

 
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする