【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第145回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第147回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第146回・記者クラブ楽屋裏座談会

第146回・記者クラブ楽屋裏座談会
 

A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB


八尾の朝吉親分もビックリの「色と欲との二本立て」!――逮捕されたのは大阪府千早赤坂村人事財政課職員・藤田某(36)。容疑は出資法違反容疑。ハテ?村役場とはいえ、一応は公務員。らしからぬ容疑だが、こやつは何をしでかしたのか。逮捕した大阪府警八尾署の発表によると「××行為を条件にカネを貸し付けたうえ、法定金利を越える7倍の金利を取っていた」とのことだが、名付けて「ひととき融資」。「ひととき」とは何なのか?「条件の××」を指しているとすれば、いわゆる「チョンの間」なのか。それはさておき「金利代わりに××だけ」ならまだかわいいが(笑)、相手の弱味につけこんで法外な金利まで取っていたとは一石二鳥のいじましすぎる所業。しかし、こんな外道野郎に16人もの顧客がいたというから、何をか況や。貸りるアホウに貸す鬼畜すぎる公務員。どっちもどっちのコンコンキチ。――まさに令和は世紀末、嗚呼!――よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

「公務員のいじましい犯罪といえば、京都府警山科署の巡査長の詐欺事件も唖然茫然。悪徳警官の犯罪を数多く取材してきた私も呆れてしまいました」 

「警察が総力を挙げて特殊詐欺撲滅に躍起になっている折も折の情が悪すぎる不祥事。署長はもちろん、本部長にまで累が及ぶのではないかな」 

「しかも騙した相手は78歳の老人。自宅にあった500万円を持ち帰って保管すると嘘をつき、さらに銀行から680万円を下ろさせた(計1180万円)というんだから唖然茫然。“桜の代紋”に対する信頼をふんだんに活用した100%の確信犯。市中引き回しのうえ、獄門、打ち首にすべきだろう」

「詐取したカネはFX投資の穴埋めに使ったようで、そのうえ反省どころか、往生際悪く『カネは借りただけ』と寝言を言っているというんですから、どこまで根性が腐っているのやら…」

「そういえば、落とし物の現金(104万円)を盗んだとして警視庁・府中署の会計課係長が逮捕されていましたが、使い道は競馬。一発当てれば返せると思いつつ、ズルズルと嵌ったのでしょうが、余りにも短絡的、工夫のない手口には正直なところガッカリ。同じやるのなら、さすがは桜田商事の社員!と唸らせてくれる気の利いた方法でやってくれなきゃ…(笑)」

「旧聞に属ずるが、中国地方で起こった所轄署内の金庫から8500万円もの大金が盗まれた事件も、遅まきながら死亡した警察官を犯人と断定、書類送検して落着したようだが、身命を賭して日夜、奮励刻苦している多くの警察官には申し訳ないが、こんな事件が続発すると、モラルの低下どころか、真面目な話、『警察官を見たら泥棒と思え』としか言いようがないな」

「ところで来月の参院選を前に大賑わいの『老後2000万円問題』ですが、そもそもが年金制度が頼りないからこそ生じただけに、一向に収束する気配がありません。それを100年安心だ、どうだと、1世紀も先の話でごまかそうとするから、ますます訳が分からなくなってしまうんじゃないですかね」

「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用成績も選挙前ということで発表しないようですが、相当な損失を出しているのではないですかね?」

「GPIFに関しては、年金をバクチに使うとは何事か!という批判を耳にしますが、公的年金は賦課方式なので、実際のところ、積立金運用が年金財政に占める割合は全体の数%程度ですから一喜一憂しても意味がないんですけど、ヘタに隠そうとするから、ついつい勘繰られてしまうんですよ。それより問題なのは、運営経費として年間500億円以上が使われていることです。この経費は、ほとんど金融機関への管理運用委託手数料なのですが、これこそ無駄の最たるもの。全額を物価連動国債で運用すれば経費は不要なんですけど…(笑)」

『分かっちゃいるけど止められない』――官僚の天下りポストの確保と金融機関の口銭のためだもん、止めるはずないわな(笑)」

「年金というのは、20歳〜70歳の50年間に収めた保険料を70歳〜90歳の20年間で全額あるいはそれ以上が返還されるというのが基本的な仕組みだが、70歳前に死亡した場合は掛け捨て。この掛け捨て部分が、大きければ保険料も上げなくて済むし円滑に回るのだが、長生きするようになったことで減少、タコ足支給になってしまうんだな」

「ということは、突き詰めれば『誤算の原因は長生き』ということになりますが…」

「誤解を恐れずにいえば、そういうこっちゃな(笑)」

「後世のことを考えれば、程々の年齢で旅立つことが社会貢献なのに、一方で人生100年だなんて長寿を煽るんだから、どないせえちゅうんや。――ヤレヤレ、そのうち『敬老の日』『嫌老の日』になるんじゃないか(笑)」

・・・・・・・・・・・・・・・

いやはや、今日もまた老人ホームの愚痴談義で終了しました(笑)。次回はもう少し前向きのテーマでお願いします。ありがとうございました。
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする