【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第147回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第149回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第148回・記者クラブ楽屋裏座談会

第148回・記者クラブ楽屋裏座談会
 

A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB


何を今さらギッチョンチョン。――参院選中だというのに、吉本興業所属の芸人たちの反社勢力相手の闇営業が相変わらず話題になっている。マスコミの報道姿勢は、芸人たちの所業があたかも天下の大罪の如きおどろおどろしさで満ち満ちているが、闇営業が横行する根本的な理由については、ほとんどスルー。吉本興業所属の芸人は6000人と大所帯。が、陽があたるのはほんのひと握りだけで、その他大勢組は無給に近い奴隷同然。究極のブラック企業と言うべきだが、食わんがための闇営業はまさに緊急避難的シノギ。それなのに、ひとたび事件が表面化するや途端に掌返しのバッシング。なかでもテレビ局の狂騒ぶりには辟易とさせられるが、思い出すのは、かつて「パンパカパーン、今週のハイライト!」の決まり文句で一世を風靡したお笑い界の重鎮氏の次の言葉。――「芸人っていうのは、落ちこぼれ人間です。社会のはみ出し者。アウトロー、いわば暴力団と一緒です。ですから、われわれとヤクザは一緒。芸人とヤクザが癒着したらあかん言うけどウソ。根が一緒だから癒着も何も、もともと同じタイプの人間やからね」――まさに正鵠を射た言葉である。――本日もよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「テレビのスイッチを入れると、全局、判で押したように大雨のニュース。まるで『他人の不幸』を待望する?かのような大仰な報道は毎度のことですが、屁理屈を言うようですが、一体、この報道は誰のためのものなのか。実際に大雨に見舞われている人たちが、のんびりとテレビの前に座っているはずもなし。そんな画面を観ているのは『気の毒だわねえ』『自然は凄いね』とつぶやきながら涼しい部屋で飯を食ってる一般ピープル。ギャラも要らず、小道具、大道具も不要。おためごかし満載の安直な番組のような思えてなりません」

「俺の口から言うのも面映ゆいが、実際に災害現場に取材に行っても、迷惑がられるのがほとんど。――そりゃあそうだよな、途方に暮れる被災者に対し、いきなりカメラを向けて、瓦礫のひとつも片付けるならまだしも、しょうもない質問ばかりするんだから、報道に名を借りた業務妨害だよ(苦笑)」

「所詮はカメラを担いだ野次馬。それも現場に行くのは奴隷同然の下請会社ですからね。彼らに吉本のことをツベコベ言う資格なんかありませんよ」

「以前、お台場テレビの記者が反社勢力に属する人間に車の名義を貸した事件がありましたが、あれだってクビどころか、部署を替えただけでウヤムヤ。『お前が言うなよ!』ですよwww」

「おいおい、今は参院選の最中だぞ。もったマシな話題はないのかい。ニュースバリューを考えれば、芸人の闇営業だ、J事務所のオッサンが死亡したなどという話は、二の次、三の次だろう」

「ついでに言うけど、俺が入社した時はまだ活気があったけど、現在は上から下まで、触らぬ神に祟りなし、臭いものには蓋。見て見ぬふりの三拍子。お上の顔色を窺う“腰抜けヒラメ”ばかりなんだから面白いはずがないじゃない。だから子どもたちには『テレビなんか観ちゃダメだ!』と口を酸っぱくして言ってるよ(笑)」

「うわ〜、Cさんご乱心の巻ですねwww」

「だって本当のことだもん。俺が唯一、観る番組はNHKの『ダーウインが来た』だけだもんwww」

「言われてみれば、私も観るのはBSの古い映画ぐらいだもんな」

「別にAさんに忖度するつもりはありませんが(笑)――政権選択選挙でないとはいえ、下降線を辿っている経済にダメを押しそうな消費税、お先真っ暗の年金問題、遅々として進まない外交政策など問題が山積しているというのに、参院選が一向に盛り上がりません」

「世の中が乱れに乱れている時だからこそ、良識の府らしい選挙をしなければいけないのに全然ですね」

「有権者の1票こそが世直しのための武器なのに、投票に行かないのは、まさしく自分で自分の首を絞める行為。問題山積の今こそ、清き一票を投じて欲しいな」

「とはいえ、隠蔽・改竄・嘘が党是、すべてが口先だけのA党、平和と福祉を掲げながらやってることは真逆のB党、バカ丸出しの突飛発言しか話題にならないC党、団栗の背比べごっこで小異をすてて大同につくことができないD党とE党など、どの党を見ても魅力半減。日本の将来を託したいと思える候補者がいないんですもの…」

「私は、異色の経歴をもつ10人の候補者を並べた令和新選組に注目してるんですけど、どうですかね」

「代表の山本太郎氏は破天荒だけど、この前You Tubeで空気を読まないシャープな国会質問を観ていて、面白いなと思ったな」

「同感だな。芸人上がりの道化と茶化すムキも少なくないが、乱世にはああいったタイプが必要なのは歴史の教えるところ。とにかく『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある精神』は、保身に凝り固まった永田町には稀有な人物だな」

「投票は来週21日です。日本人は、どこかの国みたいにデモはできないんだから(笑)選挙ぐらいは行かなくちゃ。これはと思った候補者に是非、清き1票をお願いします」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご苦労様でした。本日はこの辺で終わりにしたいと思います。なお、来週はAさんとCさんが、選挙報道で多忙のためお休みとさせて戴きます。

 
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする