【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第148回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第150回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第149回・記者クラブ楽屋裏座談会

第149回・記者クラブ楽屋裏座談会
 

A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB


Y興業所属の芸人たちによる闇営業問題はそんなに大事件なのか!――いくら「他人のケンカは美味しんぼ」とはいえ社長、副社長らの記者会見に集まった報道機関は約100社、約300人の記者とカメラマンの大所帯。どのチャンネルでも同社の芸人たちの顔を見ない日はないと言っても過言ではないだけに大騒ぎしたくなる気持ちも分からぬではないが、たまたま反社勢力が絡んだ直営業ではないか。別に渦中の芸人を擁護する気持ちはサラサラないが、あの煮えたか、煮えないか分からない記者会見はオソマツの一語。しかも所要時間は5時間超。辛抱強さだけは買える(笑)にしても中身はスカスカ。よくもまあ、あのレベルで6000人ともいわれる芸人が所属する大組織の長とは!――「お笑い王国の正体見たり枯れ尾花」――あんなグズグズ会見では、芸人たちからクーデター紛いの発言が続出するのも無理からぬこと。

何より問題なのは、パワハラ発言もさることながら、大株主に在京、在阪のキー局を並べることで権力機構の一端を担う存在であることを吹聴する夜郎自大ぶり。しかも足の先から頭のてっぺんまで「我が社はクリーンでござ〜い」と胸を張るとは笑止千万。上場廃止にしただけで“過去の古疵”がすべて帳消しになると思ったら大間違い。――「芸人っていうのは、落ちこぼれ人間です。社会のはみ出し者。アウトロー、いわば暴力団と一緒です。ですから、われわれとヤクザは一緒。芸人とヤクザが癒着したらあかん言うけどウソ。根が一緒だから癒着も何も、もともと同じタイプの人間やからね」――どんなに取り繕っても真理は真理。50%の減俸などと言うケチ臭いことを言わずに、さっさと白装束に着替えてこそ「浪花の男」と思うが、あの調子では…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「カリスマの死で揺れるジャニーズ事務所、NGT事件をきっかけに行き詰ったAKBビジネス、そして今回の吉本興業騒動と、これまで我が世の春を謳歌してきた連中が断末魔状態。――『満つれば欠ける』――世の移り変わりは非情ですねえ」

「忘れていけないのは、彼らを後押ししてきたのはTV局ということだ。ある意味、一番罪深いくせに、舞台が暗転すると朝から晩までシタリ顔で能書きを垂れるんだから、タチの悪さは相変わらずだな(笑)」

「ギョッ。そんな白い眼で見ないでくださいよ。――お上管轄の電波を売る業界で生き残るためには、権力とカネにゴロニャン。『忖度とヨイショ』しかないんですから…(苦笑)」

「Cさんの“真実味溢れる反省の弁”が出たところで(笑)、今日のテーマである、先日の参院選の総括に移りましょうか」

「その前にひと言いいですか。マスコミは大上段に振りかぶって『反社、反社』を連発しますが、反社の定義って何ですかね?」

「ン? 言われてみれば…」

「wikipediaによれば、『反社会的勢力とは、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人』とありますが…」

「漠然としすぎてますね。――これじゃあ、金銭がらみの犯罪に関与する集団または個人は全員、反社ということになってしまいます。普通に考えれば、殺人や強姦などの方が、ずっと反社会的のような気がするのですが…。いくら語呂がいいからと言って、主観的判断、雰囲気だけで安易に反社の烙印を押すのはどうなんですかね」

「総会屋だって、株主総会に出席してはじめて総会屋だろ。今じゃ株付けすらできないご時世なのに、元総会屋ならまだしも、総会屋と呼ぶのはおかしいわな」

「それともうひとつ。一旦、反社の烙印を押されたら未来永劫、反社扱いされるんですかね。暴力団の場合、辞めてから5年経てば、カタギ扱いになるらしいじゃないですか」

「う〜ん。そう正面切って言われたら、恥ずかしながら言葉に詰まるな」

「曖昧なまま、勢いで安易に白黒をつけたがるのがメデイアの悪い癖。我々も反省しなきゃイカンなあ」

「もう一度、原点に返って調べてみたいと思います」

「私のせいで、今日の本題が霞んでしまって…」

投票率48・8%。民主主義なんかクソ喰らえの無意味な選挙。今さら総括したところでナンセンスだし、来週に回そうよ」

「投票率が半分にも満たない参院選挙に食指は動かないが、話題といえば、2名の当選者を出した『れいわ新選組』の快挙と、比例区で自民党と公明党が合わせて340万票も減らしたことだ。考えすぎかもしれないが、これは近い将来、政界に地殻変動をが起こる予兆じゃないかな」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅雨も鬱陶しいですが、暑さも苦手。無理をせぬよう呉々もご自愛専一の程を。本日はありがとうございました。
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする