【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第150回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第152回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第151回・記者クラブ楽屋裏座談会

第151回・記者クラブ楽屋裏座談会
 

A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB


わざわざ首相官邸まで足を運んで「出来ちゃった婚」報告!――要は「茂組」から「晋三一家」への鞍替え告知。――「いくら人気商売者とはいえヤリ過ぎ!」、「オバちゃん好みのベタな演出!」という声もある中、分かっちゃいるけど止められないのが、TV局を筆頭に我らが大マスコミ。野次馬根性丸出しで横須賀まで遠征してピーチクパーチク。案の定、早くも「次期組閣で入閣間違いなし」、「妊婦は将来のトップレディ」とテンヤワンヤの大騒ぎ。いやはや、いやはや、誰が振り付けたかは知らぬが、委員会発言わずかに5回、質問主意書に至っては1回のみの“七光りクン”のあざといパフォーマンスは、「政治家」というより「芸能人」の所行。さすが客寄せパンダで鍛えた芸達者ぶりは親父越え?と感心させられるが、報道によれば「親父のようになりたい」とコメントしたとのこと。しかし彼の目指す「父親」とはどんな父親なのか?「自民党をぶっ壊し損ねた父親なのか」、それとも「母と弟を冷たく捨てた非情の父親なのか」。突っ込みどころ満載のはずなのに、やんぬるかな、そこに触れたメディアは皆無。さる占いの大家によれば、この婚姻は不吉にも「凶」とのこと。――内憂外患、沈みゆく日本丸にお似合いのカップルかも?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お盆も過ぎたというのに暑いですねえ!」

「まったくです。しかし、こんな暑さで来年の国際運動会は大丈夫なのですかね?」

「地震をはじめ、不吉なことはお上に忖度して目をつぶるのが日本のマスコミだから、本番まではあからさまなマイナス材料の報道はしないだろうが、ヘタをすると熱中症どころか、死人まで出かねんぞ(笑)」

「天災は失政に対するお天道様の怒りの表れ。来年のことより、浅間山も噴火したし、大きめの地震がドスンと来そうな気がするんですけど…www」

「どうせ予知なんかできないんだから、すべてはお天道様任せ。地震が来ないことを祈って(笑)――先週かな、Y新聞が一面に『年金開始 75歳も可能』、『受給額が(65歳から受給するよりも)1・8倍に』とお得感一杯の記事を掲載していました」

「厚労省のすることにロクなことはないからなあ(笑)。――長生きする自信があれば、それもいいけど、地震と一緒でいつ黄泉の国から召喚状が来るか分からんし、ワシは『明日の1・8より 今日の1』が正解だと思うぞ」

「同感です。オマケというか“金利“をつけてでも受給を遅らせたいのは、もし全員が65歳からの受給にすると金庫の底が抜けるからじゃないですか」

「カネを借りた奴が、後金利をドカンと付けるから(返済を)待って欲しいと言うのと同じようなもんやなwww」

「元々、年金は運用利率が5%以上あることを前提にした制度ですからね。今のように超低金利の時代には成り立たないのは子どもでも分かること。100年安心プランどころか、あと20年もしたらバンザイ。制度そのものが崩壊するかもしれませんね」

「そういえば、同じ日の社会面に愛媛県警の杜撰すぎる捜査によって女子学生を窃盗容疑で誤って逮捕した記事が載っていました」

「またやったか『まもる君』!――愛媛県警の誤認逮捕は有名だからなあ」

「マスコットの名前が『まもる君』だなんて、ブラックジョークですねwww」

“横着逮捕”だな!――何でもかんでもドライブレコーダーに依存、単に似ているというだけで、裏付け捜査もせぬまま安易に逮捕したというのだから、大ポカも大ポカ、ユルフンの所轄署長はもちろん、本部長もレッドカードだろう」

「偶々、松山簡裁が勾留請求を却下したことで事なきを得たが、もしトコロテン式に勾留、起訴のベルトコンベアーに乗せられていたら冤罪事件になっていたかもしれんな」

「警察の威信を守るのだったら、不祥事を隠蔽するのではなく、かえって堂々と発表した方がいいのに…。こんなことばっかりしていると、いずれお巡りさんは、ロボコップに取って代わられるんじゃないですかwww」

「愛媛県警に限らず、街中の防犯カメラやドライブレコーダーのおかげで便利になった分、捜査能力が格段に落ちてるんでしょうね」

「そうそう四国の警察といえば、お隣の香川県警の警部補が、自分の息子の窃盗事件を揉み消そうと証拠隠滅を図ったという事件も酷いですね。息子だろうと、何だろうと明らかな犯罪なのに、県警本部はダンマリ。情報公開請求でバレたことで渋々、発表。それも『私的な行為』だから発表しなかったと苦しい言い訳をしていましたが、何をかいわんや。公私を混同した白昼堂々の権力犯罪ですよ」

「かくなるうえはチコちゃんにお願いして、奉行所の元締めに『ボーッとしてんじゃないよ!』と喝を入れてもらわなきゃイカンぞなモシwww」

「おっと、横浜のK氏がまとめた?代々木版九龍城・代々木会館に、ようやく解体看板が掲げられましたが、気になるのは2つの外資系信組の後に付いているT社(港区)の14億円の根抵当です」

「さては一旦、退場したはずの面々が登場したのかなwww。――事件物件は最後の最後までもつれるもの。まだまだ紆余曲折があるかもな」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「木の葉が沈んで、石が浮く」――不条理だらけの時代ですが、朝の来ない夜はありません。今後ともよろしくお願いします
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする