【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第159回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第161回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第160回・記者クラブ楽屋裏座談会

第160回・記者クラブ楽屋裏座談会
 

A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB


「適切に〜」、「丁寧に〜」、「粛々と〜」、「寄り添って〜」――昨今、よく耳にする言葉である。「巧言令色鮮仁」――耳障りはいいが、要するに「何もしない」ということを上品に?表現する言葉である。本音はヤル気はないのだから、いっそのことハナから「やる気はありません」と言えばいいのに、何とかその場を取り繕おうとするからイヤらしい。一体、この言葉の震源地はどこか。永田町である。都合の悪いことが起こり、言葉に窮した場合、総理大臣以下、何人の大臣、国会議員たちが、この空疎な言葉を使ってきたことか。嘘も百回いえば真実になると言われるが、昨今の風潮は、こうした言葉も「説明責任」を果たしたことにされている。――人が変われば時代が変わる。――令和の日本は沈没中。人品骨柄すべてが卑しい厚かましい選良たちが涼しい顔で闊歩する何ともおぞましい時代である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「相次ぐ台風に大雨。今年は秋を満喫する間もなく、一気に冬になりそうです」

「これから寒くなるというのに、被災者には気の毒だが、お上のすることは、すべてが後手後手。『50年に1度、100年に1度』と責任転嫁とも思える言葉だけでシャンシャン。――天変地異は治世の乱れ、そのままだな」

「そうそう、先ほど、週刊文春の報道でここ数日、矢面に立たされていた菅原一秀経産相が辞任しました」

「外面はいいが内面は最悪。秘書に刺されたわけだが、以前から地元では“富士山代議士”と呼ばれていたからなあ。自業自得だよ」

「見た目は爽やかなナイスミドルなのに、これまでも女性問題などとかくの噂が取りざたされていましたが、大臣になった途端に噴出。播かぬ種は生えぬ。――就任1ヶ月余にして辞任とは、一寸先は闇ですね」

「それはそうと、神戸の小学校における教員による集団いじめ事件ですが、社会の崩壊もここに極まれり!というべき悪質さには唖然とさせられます」

「彼らの行状を列記すれば、暴行罪、傷害罪、器物損壊罪、威力業務妨害罪、名誉棄損罪、侮辱罪。いずれ刑事事件になるのは必至ですが、それ以前に教育委員会のモタモタした対応こそ問題だと思います」

「近時、児童相談所と並んで役に立たないのが教育委員会だ。如何にしたら自分たちに管理責任が及ばないか!――何かあると、彼らが真っ先に考えるのが自己保身策なんだから…(嘆)」

「ひょっとして、今回の事件は、『イジメというのは、こうやってするんだよ』というお手本を児童たちに見せたかったのかもしれんぞ(笑)」

「それにしても休職中の彼らを有給休暇扱いにして、給料が支払われているのですから何をか況や。ふざけた話ですよね」

「さすがの日教組も今度ばかりは、彼らを守ることはできないだろうが、とにかく出来損ないの先生に対する処分の甘さは伝統的。わいせつ罪をはじめ、(児童への)体罰、買春、盗撮、飲酒運転、そして(児童の)父兄との不倫など、よほど悪質でない限り、数ヶ月の休職扱いで復職というのが大半。運転免許並みの甘さが、不祥事が後を絶たない原因だろう」

 E 「Aさんが指摘した不倫ですが、男性教師と児童の母親というケースはものすごく多いですよ。私の知る小学校の教師は、『PTAの母親は入れ食い。全員とやった』と自慢タラタラの性豪がいましたが、教育現場の実態は、乱れに乱れています」

「我が子の成績表に手心を加えてもらおうと願う母親と体育大あたりを卒業したてのピチピチの教師との不倫。いやはや、安物のアダルトビデオの台本ですね(笑)」

「よく教職はブラック的な激務だといわれますが、こんな教師たちを見ていると、実は相当に暇なんだなと思わざるをえません」

「社会経験もないのに、医師、弁護士、教師など免許を取得した途端に『センセイ』と呼ばれる面々には、未熟な勘違い野郎が多いのは昔からだが、今後は終身免許ではなく、緊張感を持たせる意味で、5年とか、10年毎に適性検査をすべきじゃないかな」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cさんの画期的な提案が出たところで、本日はこの辺でお開きにしたいと思います。ありがとうございました。

 
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする