【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第161回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第163回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第162回・記者クラブ楽屋裏座談会
 第162回・記者クラブ楽屋裏座談会


A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB


 


悪い冗談!

  夫唱婦随で公選法違反、しかも夫は法の番人たる法務大臣。「まさにダークナイト ジョーカー的な存在」――森友学園事件の籠池泰典被告の指摘はドンピシャ、正鵠を射たものである。疑惑の主役たる法相は、説明責任を放棄したまま、「今回の一件は私も妻も全くあずかり知らない」と健忘症丸出しの台詞を吐いて早々に遁走したが、違法な日当を食ったウグイスは13羽と悪質度はA級。法相辞任だけで済む問題ではないのは明々白々。同様の事件の過去の判例に從えば、夫婦揃って失職、連座制の適用で二人とも公民権の停止になるべき事件なのだが、今や忖度病で重症の検察、裁判所だけに、先に辞任した前経産相のメロン&香典事件共々、果たして腰を上げるのか。――今や「石が浮かんで木の葉が沈む人治時代」だけに逃げ切り、お咎めなしの可能性も…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「組閣当初“危ない大臣”として噂になっていたのは『3T』でしたが、見事に外れ。菅原一秀経産相に続いて、河井克行法相までが辞任。2度あることは3度ある、次は誰でしょうか」

「“親分”以下、全員が大なり小なりスネに傷を持つお歴々ばかりだから、全員が候補者だろう(笑)」

「昔は『末は博士か大臣か』といわれたものだが、今はどっちも尊敬どころか軽蔑の対象なんですから変な時代になったものです」

「変な時代といえば、神戸市の小学校教師による苛め事件は別格中の別格ですね」

「何しろ条例まで変えさせたのだから教員史上に残る苛めですね」

「折も折、体調不良を理由に雲隠れしている加害教師の1人が給与の差し止めを不服として処分の取り消しを求めて市の人事委員会に審査請求していることが分かりました」

「かつては『悪い奴ほどよく眠る』だったが、今は『厚かましい奴ほど得をする』だな(笑)」

「教師に限らず、人間は心の底に『邪』を持っているものだが、今回の事件は、世が世であれば市中引き回しの刑に匹敵するおぞましさ、残酷さ、レベルの低さ、どれをとって鬼畜の所業。 それを給与を打ち切られたことで異議ありとは世も末だな」

「少し前まで教職は、『聖職』と呼ばれていたのに…」

「今の時代、世の中に『聖職』なんて呼ばれる職業はあるんですかね」

「う〜ん。坊主然り、牧師然り、裁判官然り、検事然り、弁護士然り、どいつもこいつも身分に胡坐をかいて、カネと出世と保身に汲々としている半端野郎ばかり。残念だが、俺の知る限りでは皆無だな!(苦笑)」

「人心の荒廃は国家の荒廃なり!――やはり人間は地獄の底に叩き落されなければ目が覚めない厄介な生き物だな」

「地獄とは?」

「話は飛躍するが、戦争か、大恐慌だな。俺は後者と思っているが…」

「確かに現在の不透明すぎる世界情勢を考えれば、ガラガラポンにするためには、どちらかですね」

「地位のある人間が自滅するのがカネとオンナなら、国家が崩壊するのは恐慌と戦争。――どんなに科学が進歩しても、人間は進歩のない生き物だということだな」

「ところで、前々から問題視されていましたが、先般の台風時の森田健作千葉県知事の怪しい行動について、週刊文春が県内の別荘で一服していたのでは?と報じています」

「他の週刊誌が老人問題専門誌になってしまった現在、週刊誌らしい週刊誌は文春だけになってしまいました」

「幾つになっても『俺は男だ』でメシを食ってきた強運は評価するにしても、何で彼が3期も知事の座に座っているのか分からんなあ(笑)」

「そういえば、Aさんは以前、森田知事の衆院議員時代のある疑惑について取材していましたが…」

「かれこれ20年になるかなあ。今なら大騒ぎになる疑惑だが、古い“事件”だしなあ。もう1期なんて言えば話は別だが、もう封印だな」

「エ〜ッ!Aさんらしくもないなあ」

「そんな古い事件より、特捜部が東レ事件、WINカンパニー事件で名前の出ているA代議士にロックオンしたと専らの噂だぞ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

S、Kの次の候補はA?――果たして?――今日はこのあたりで終わりにしたいと思います。
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする