【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第163回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第165回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第164回・記者クラブ楽屋裏座談会
第164回・記者クラブ楽屋裏座談会


A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB


メロンに香典、ウグイス嬢の日当に、桜祭り前夜の5000円のパーティ代。――いやはや、いやはや、昨今、永田町を賑わす「事件」のいじましさには落胆。田舎の市会議員や町会議員ならまだしも、いやしくも国会議員だろう。同じ公職選挙違反なら「さすがは国会議員!」と満天下から喝采を浴びるようなダイナミックな話題を提供してもらいたいもの。ただ、5000円問題については、メロン代・香典とウグイス日当が議員自身が出したカネであるのに対して、パーティ代の原資は公金。自分の腹を痛めることなくエエ恰好する品性を欠いた厚かましさは、金額の問題以前に、それだけでリーダー失格。ひと昔前なら即、切腹のうえお家断絶の巻なのだが、悲しいかな、今の自民党内には日本のために我こそは!という肚の座った侍はいないし、野党も野党で烏合の衆ばかり。――嗚呼、条理・倫理は今、何処?――気の葉が浮いて石が沈む真っ当な日本に戻るためには、今こそ国民ひとりひとりが斎戒沐浴、真面目に日本の行く末を考える以外に道なしでは…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「何とかピンチを切り抜けようと尻の青い記者を相手に異例のぶら下がり会見を連発。これで説明責任を果たしたつもりだったのでしょうが、口を開けば開くほど疑惑が次から次に噴出、せっかくの憲政史上最長内閣をドロドロにする醜態を晒しています」

「問題点は、ー分の選挙区から1000人以上の支持者を招集したことと、∩位觝廚濃抻者に5000円の負担で飲み食いさせたことの2点だが、前者は開催の趣旨から逸脱した点でアウト、後者は不足分を事務所が負担していれば公職選挙法違反だ。それも嘘に嘘を重ねた挙句の果てに明らかになったことだけに情は最悪。ボヤが大火になりそうな雰囲気だな」

「モリカケ問題で私人と閣議決定したアッキーの枠まであったことでブーメランが直撃、ますますもって私物化が明らかになってしまいました」

「古人いわく『ひとつの嘘を隠すためには10の嘘をつかなければいけない!』――台本がないとまともな答弁ができないんだから、黙っていればいいのに…」

「権腐10年ならぬ権腐2887日――すべてがその場しのぎ、口先三寸のヨタ話の果てのギブアップ?――針の筵に座るのが嫌で予算委員会を来年に延期したことで憲法審査会がストップ、国民投票法もお流れで悲願の憲法改正も絶望的。おまけに急を要する台風被害のための補正予算も先送りだ。こうなると堪え性のない首相だけに、破れかぶれで花見疑惑解散&総選挙もあるかもしれんぞ」

「今後の展開は、大マスコミの追及に期待する?として――悪辣極まる『かぼちゃの馬車事件』で破綻したスルガ銀行がシェアハウスのオーナーに対して“腐りカボチャ”と引き換えに、借金の帳消しを検討しているそうです」

「正直なところ、何を今さらという気がしないでもないが、本紙が先鞭をつけた『デート商法事件』にメスを入れておけば、こんな事件も起こらなかったのに、」

「金融庁にすれば、スルガ銀行を潰すと不都合な真実が出て来るので『白紙に戻せばいいだろう』で借金棒引き作戦で幕を引きたいのかもしれませんが、そうなるとカボチャの運営会社・スマートデイズは不問ですかね?」

「そうはイカのキン○マ!――詐欺師の佐藤某とA級戦犯の岡野一族をクレマチスの丘の松の木に吊るすまでは一件落着とすべきではありません!」

「ところで、本紙で『立件近し!』と再三、取り上げてきた『JCサービス事件』ですが、未だに音無し。どうなっているんですかね」

「遅い、遅すぎる!――穿った見方かもしれないが、旧民主党議員が多数関係しているので、政局が混乱した際の“スカッドミサイル”として温存しているのではないかな

「さもなくば、JCサービスに火が付けば、maneoグループ、LCレンディングに延焼するのは必至。被疑者が多すぎて、その区分け作業に手間取っているのかも?」

秋田新太郎然り、松尾隆然り、浦郷直樹然り、福岡勇次然り、寺口士文然り、その他大勢――被疑者レーダーに映っている面々がテンコ盛りなのに捜査は遅々として進まず!――どうなっているんでしょうかね?」

「奴らは職業詐欺師だ。裁判になることを前提に事件を組み立てる輩ばかりだからなあ。ついつい捜査も慎重にならざるをえないのだろうが、それにしても遅いわな」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

一気に冬になりました。インフルエンザが流行っています。特にご老体の方は(笑)予防注射を忘れないようにしてください。それでは本日はこれにて…。

 
| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 07:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | -
コメント
コメントする