第190回・記者クラブ楽屋裏座談会

第190回・記者クラブ楽屋裏座談会


A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB


「コロナの時代の新たな日常、その的に向かって、これまでになく強力な3本の矢を放ち、日本経済を立て直してまいります」――ここまでなら「ヨッ、大統領!」と万雷の拍手が沸き上がるところだが、この後に続く言葉がいけない。「経済再生こそが、これからも安倍政権の1丁目1番地です」――😵(ノ∀`)アチャー。まだ三本の矢? ダメだ、こりゃ!

――モリ・カケ事件を官僚を盾にして、何とか逃げ切ったかに見えた矢先に噴出したのが、桜を観る会疑惑と先の参院選における河井夫妻による公選法違反疑惑。いつもの手法で、何とか“程々の処分”で収めようと目論んでいたところに新型コロナウイルスが襲来。感染者数が瞬く間に1万5000人を突破したことで大慌て。緊急事態だ、外出制限だ、マスクだと、休業補償だ、給付金だと、あれやこれやの手を打つものの、すべてが後手後手に回ってブーイングの嵐。

折も折、悪いことは重なるもの。身辺警護の要たる検事長の賭け麻雀事件が発覚、頼みの綱の支持率までが急落したことで現実味を帯びてきたのが、憲法改正のための4選どころか “一強宰相”の退陣論。一体、誰が「総裁杯レース」の勝者となるのか。本来ならば筆頭野党の立憲厩舎以下、野党厩舎が腕伏すべきなのだが、如何せん支持率が上がるどころか、無党派層だけを増やすという体たらく。

となれば、やっぱり頼りになるのは自民党厩舎の所属馬ということになるのだが、ざっと見渡しても胆力ナシ、見識ナシ、指導力ナシ、帯に短し襷に長しのドングリ馬ばかり。さて、どうする。パドックでは、次はKだ、Iだ、Nだと喧しいが、正直なところ精々が「△」止まり。ならば、軸になるのはどの馬か。悩ましい限りだが、筆者がエンピツ舐め舐め◎を打ったのは、今なお語り草の“落馬の過去”はあるものの、古くから総理の信頼は厚く、混戦レースでの強さはピカイチの古馬
だが、 来れば高配当だが、果たして…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「非常事態宣言が全面的に解除されましたが、今回もAさんとの“2人座談会”で進行したいと思います」

「2週も続けてB君との“アベック座談会”とは光栄の至り、💛恋人になりそうだな(笑)」

「きも〜っ!(笑)――早速ですが、検事長の賭け麻雀を週刊文春にリークしたのは誰なんですかね?」

「う〜ん。安倍応援団のS新聞、メンツ命の検察、策士揃いの官邸、一強体制に叛旗を翻す党内の反乱分子と諸説紛々だが…」

「文春の記事では、一貫してS新聞関係者としていますが、今ひとつピンと来ません」

「リークの狙いは、検事長を早々に辞任させることで事件を早々に幕引きすることなんだろうが、いくら凋落気味といえども全国紙。安倍政権のために、返り血を浴びるのを承知で“自爆テロ”に及ぶかな。百歩譲って情報ルートのどこかに関与しているとしても、本線ではないと思うがなあ」

「とすると、検察内の“反黒川派”ですか?」

「考えられんことはないが、時期が時期だし、バレた時の“副作用”を考えれば、いくら唯一無二の組織とはいえ、そこまで危ない橋を渡るかな?」

「とすれば、官邸か自民党内の反安倍派となりますが…」

「消去法になるが…今の自民党に、そんな大外捲りを試みるような武闘派はいないだろう。最も有力なのは、総理大臣を意のままに操っている“官邸官僚親”しか考えられないな」

「巷間、I某を筆頭に以下、S某、K某、S某などが、“神輿の担ぎ手”と言われていますが…」

「腹にイチモツ、背にニモツ。権謀術数に長けたツワモノ揃いで判断に迷うが、頭領のI某に直結するK某あたりじゃないかと見ているんだが…」

「そういえば検事長の“後ろ盾”で、かつては総理の知恵袋として忠誠を尽くし、一時は次の総理と噂になったこともあるS某とK某は反目だし、ここで検事長に腹を切らせれば、麻雀騒動の幕引きとライバル潰し、おまけに損なわれた検察の威信も最低限で押さえられる一石三鳥の妙案。十分に考えられますね」

「さらに、もうひとつのピースとして、K某と昵懇なのが今回のスクープをものにした文春の女流記者を当て嵌めれば、この“ジグゾーパズル”は完成するのだが…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

外出自粛要請の解除で、徐々に日常生活を取り戻しつつありますが、感染者数の減少には政治的思惑が絡んだ“操作”が疑われるだけに、まだまだ安心はできません。くれぐれも夜中までフラフラしないようにお願いします。本日はこれにて…。




 

スポンサーサイト

  • 2020.07.11 Saturday
  • -
  • 07:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM