第194回・記者クラブ楽屋裏座談会

第194回・記者クラブ楽屋裏座談会


A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者 W:証券会社OB


安倍首相退任後の総理大臣にふさわしいのは誰か?――この件については、2週前の当欄でも触れたが、安倍政権の支持率が軒並み急落を受けてか、今秋の解散、総選挙の声が日増しに強まりつつある。
――下記は、日経新聞が、携帯のショートメールによる調査(777人)で行った、ポスト安倍候補のランキングである。

\佛北仄民党元幹事長(118人)、安倍晋三首相(78人)、2鰐鄲析宰姫卅蝓55人)、吉村洋文大阪府知事(55人)、ゾ泉進次郎環境相(37人)、Χ恐偲宛蟻膾緝榁了(21人)、Ь池百合子東京都知事(17人)、┫濺鎚戸瑳民党政調会長(15人)、枝野幸男立憲民主党代表(15人)、山本太郎れいわ新選組代表(14人)、菅義偉官房長官(11人)と、現・元、国政から知事までお馴染みの顔ぶれが並ぶが、有体に言って「?」が付く、魅力に欠ける面々ばかりである。

久しく永田町の泥水を啜ってきた閣僚経験者いわく。――「大手マスコミが行う世論調査のいかがわしさは、先日の
フジ・産経グループによる架空調査でも明らかになったが、それ以前に、回答者が判断材料にするのが、適当に脚色されたマスコミ報道なのだからやむを得ないにしろ、失礼ながら百鬼夜行、魑魅魍魎が跋扈する政界の力学を知らない素人の“人気投票”だわな」と一笑に付す。

――ならば「プロ政治家はの推すポスト安倍には誰がふさわしいのか?」――「その前に、この調査を受けた人たちの思いを慮れば、
安倍首相以外なら誰でもいいという気持ちの表れだな」――「しかし、派閥が単なる“仲良しクラブ”の集まりに成り果てた現在の自民党にリーダーにふさわしい気概のある人物はいないのでは?」――「総理に気概が必要だったのは昭和の時代までだ。総理の顔は時代の顔!安倍首相を見ても分かるように、平成、令和は、見識・矜持・覚悟がないことこそが総理の条件なんだから順当な結果だよ」――「それじゃ、日本は沈没してしまうのでは?」――「今さら沈没だなんて…。独立国家を名乗っているが、大東亜戦争で敗けて以来、日本はアメリカの“50番目の州”。沈没しっ放しだろう」――「「総理大臣は“州知事”ですか?」――「特に軍事の面では州知事以下。首輪をつけられた奴隷かもしれんぞ(笑)」――「国民の大半は、そんな風に思っていませんよ。もし首輪を外そうとしたらどうなるんですか?」――「政治的に“抹殺”されるだろうな」――「アメリカに尻尾を振る売国奴じゃなければ総理大臣になれない?」――「そういうこっちゃ」――「とすると、さっきの11人の候補者の中で“有資格者”は…」――「有資格者は1人か2人だろう」――「誰ですか、それは?」――「さあ、誰だろうな(笑)」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「規制が全面的に解除された途端に、東京の感染者数が急増しています」

「意識的に検査を少なくして感染者数を調整、コロナを抑え込んだように見せかけて、知事選のスケジュールを組んでいるんだから当然だろう」
 
「敗戦前の大本営発表とまでは言わないにしろ、権力というのは平気で嘘を吐くんですね」
 
「朝夕の電車は満員、繁華街は軒並み飲み屋に風俗。――そもそも、東京みたいな過密都市で、マスクはともかく、ソーシャルディスタンスだ、ヘチマだって大騒ぎしたところで、感染が防止できると考えているんだから、おめでたい限りだな」
 
「映画館は客席を半分にしたり、隣りの席との間に仕切りを立てたり、涙ぐましい努力で営業を再開していますが、これじゃ大手はともかく、中小零細は息切れするのは時間の問題でしょう」
 
「銀座のクラブなんか、溶接工みたいなお面を被ったホステスと間隔を空けて話をするというんだから話にならんよ」
 
「『リモート飲み』というのが流行っているらしいから、“リモート・クラブ”というのはダメかな(笑)」
 
「直接、面識がない同士が顔を合わせるときの“儀式”が名刺交換なのに、そのうち『リモート名刺交換』が流行るなんて言ってましたが、バカ野郎ですよね」
 
「要するに直接、顔を合わせたくないんだから、そのうち『リモート入試』や『リモートデート』、『リモートSEX』、『リモート詐欺』など、何でもリモートになるんじゃないですか」
 
「味も素っ気もない時代到来なんて、昭和生まれは、さっさと消え去るのみだな(笑)」
 
「それはさておき、疫病の次は天災と戦争というのが歴史の教訓ですが、ここ数ヶ月、日本列島のあちこちで地震が頻発、浅間山にも噴火の兆しがあるようだし、先週は九州で記録的大雨で避難騒ぎ、さらにアフリカや中東ではバッタの大群の襲来など人知の及ばないことだらけ。これはもう狂った人類に対する神様のペナルティと言うしかありません」
 
「科学は進歩しても人間は進歩しないどころか、かえって退化する実に御し難い生き物なんだな(苦笑)」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
不規則な天候のせいではないでしょうが、事件にも“冴え”が感じられません。
こんな時には往々にして大きな事件が発生するもの。そろそろコロナボケから覚めて、その日に備えてください。本日はこれにて…。

スポンサーサイト

  • 2020.07.11 Saturday
  • -
  • 07:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM