【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第46回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main | 第48回・記者クラブ楽屋裏座談会 >>
第47回・記者クラブ楽屋裏座談会

第47回・記者クラブ楽屋裏座談会

A:全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者 E:風俗誌記者

――早いもので2016年も余すところ1ヶ月を切りました。毎日のように、韓国・朴政権の混乱、米国・トランプ次期大統領の一挙手一投足を論じるマスコミの間隙をついて、いわゆる「カジノ法案」が、わずか6時間の審議で衆院を通過しました。バクチ産業で景気がよくなるなんて、どう考えてもありえないことです。パチンコをはじめ、競馬・競輪・競艇・オートの売上金はここ毎年、減少しています。それなのに何をそんなに急ぐのか?理解不能です。また、年金カット法案も早晩、成立の見込みです。強行採決までした決めたTPP法案も米国の離脱で風前の灯。これまた何の意味があるのでしょうか。上げ底がミエミエの「支持率60%」に浮かれて、何をしても許される」と勘違いしているとしたら因果応報。手痛いしっぺ返しを食うことになるでしょう。時代の顔は悪相どころか、凶相になりつつあるようです。本日もよろしくお願いします。

「今日もDさんの『千本桜リゾートレポート』だが、到着が遅れているようなので、お見えになるまでの時間でフラッシュ・ニュースをふたつほど…」

「地面師狩りが進行中の現在、新橋4丁目事件で逮捕者でも出たのですか?」

「新橋事件は、もう少し時間が掛かりそうだ。――先週末、届いたホヤホヤ情報だが、当欄でも再三にわたって取り上げた銀座九龍城の所有権が、横浜の風俗王のグループ会社・R社が練馬区の不動産会社・M社に売却した模様だ」

「エ〜ッ。R社が出した資金は6億円位ですから、いくらで売却したのでしょうかね?」

「関係者によると、東京信用金庫の抵当権が9億円超付いているとのことだ」

「東信だって?――よくもまあ、信金業界上位の東信が、あんな反社テンコ盛りだった物件に9億円も出したものだな。何か裏があるんじゃないか?」

「あんなビルに9億も出すとは破格だが、M社は松竹のダミーなのでは?」

「そうかもしれないな。単品で買ったのでは、精々5〜6億がいい線だし、それを9億も出せるのは東劇ビルの建て替えを計画している松竹ぐらいだろうからな」

「R社は粗利で3億の儲けということになりますが、一体、誰が仲介の労を取ったのでしょうね?」

「噂では江部らしいんだが…」

「江部とくれば、お神酒徳利の元田や仲田も絡んでいなきゃおかしいのでは?」

「それが最近、何が原因なのか分からないが、ソッポを向きあっているというんだ」

「くっつくのも、離れるのも、すべての原因は『カネ』の亡者ばかりだ。どうせ江部が手数料の独り占めをしようとしたことで揉めているんじゃないかな」

「仲田だってツマ弾きにされたら黙っていないでしょう」

「目下、仲田は金主だった茨城県の暴力団・O組から引っ張ったカネの返済に追われてテンテコ舞いらしいから、それどころじゃないんじゃないか(笑)」

「カネの臭いがすれば真っ先に顔を出す今井と板垣はどうなんだ?」

「撒かぬ種は生えぬ。――あの迷コンビも最近、身辺何かと騒がしい国重某が副会長を務めているG商事から追い込まれて青くなってるし…」

「つくづく思うのは、事件屋、仕事師、詐欺師と呼ばれる方々はホントにタフというか、追い込まれようと、どつかれようが蛙の面にションベン。ケロッとしてるんですから、私には到底、真似ができません(笑)」

「最後には、イザとなったら110番。『お巡りさん、助けて〜』なんだから、ホント、タチが悪いよなあ(笑)」

「まさしく忘八集団。アイツらに『里見八犬伝』を読ませたいね」

「Dさん、遅いですねえ。年齢も年齢だから、途中で倒れてるんじゃないですか?」

「善人ほど早くお迎えが来ると言われてますからね。Dさんは、まだまだ大丈夫ですよ(笑)」

「とすると、俺はそろそろかもな?」

「Aさん、冗談はヨシコさんですよ」

[Dさんが、ようやく到着したようです」

「遅くなってすみません。いやあ、事務所を出る時に丁度、東京地検特捜部が捜査しているT建設が不渡りを出したという話が飛び込んできたもので…」

「とうとう出たか!」

「それも僅か200万円の手形が飛んだというんですから…」

「他人を呪わば穴ふたつ!――伊予の女傑の勝ちというわけだ」

「そろそろ時間ですけど…」

「申し訳ない。千本桜リゾートの件については、次回バッチリやらせて戴きますから…。今日はとりあえず問題会社の登記簿謄本を次回のレジュメとしてお渡ししておきます」

「どれどれ。――(合)ダイナミックエナジー〔千代田区・山中正〕、(株)和〔千代田区・江川美博〕、小野町太陽光(合)〔中央区・菅沼 栄〕、(株)大豆本舗〔栃木県那須烏山市・東郷延泰、菅沼 栄、中津 裕〕、小野町バイオ(合)〔中央区〕センチュリー・エナジー(株)〔千代田区・山中 正〕――どれもこれも怪しい会社ばかりだな」

「来週のDさんに期待して、本日はこれにて…」


――ありがとうございました。夜は冷えます。寄り道などして風邪など召さぬようくれぐれもお気をつけください」




 

| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 09:26 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 09:26 | - | -
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
モバイル