【敬天新聞社より】
このコーナーでは、各方面で活躍されておりますジャーナリストや情報通の方々に、座談会形式で好きなように語って頂きます。
何かの理由でお蔵入りになった話などを好き勝手に語って頂き、「社会正義の実現 」に貢献できればと考えております。

【A:全国紙記者  B:週刊誌記者  C:民放TV記者  D: フリー記者】代表挨拶
―『敬天新聞』の軒下三寸借り受けまして新しいブログを開設することになりました。「夜討ち朝駆け」の毎日、ご多忙中とは存じますが、諸般の事情で書けなかった記事、既に報道された記事の裏話、あるいは陽の目を見ることなく埋もれてしまった事件など、タブーに臆することなく談論風発、大いに内幕を暴露して戴きたいと思います。
<< 第91回・記者クラブ楽屋裏座談会 | main |
第92回・記者クラブ楽屋裏座談会

第92回・記者クラブ楽屋裏座談会

全国紙記者 B:週刊誌記者 C:民放TV記者 D:フリー記者
E:風俗誌記者


580億円相当の仮想通貨が流出した!――そもそも仮想通貨の仕組みそのものが分からない世代にはピンと来ないが、つまりはスマホの中の「金庫」から大枚580億円が盗まれた大事件である。しかし森友学園事件で問題にされた値引き額が8億円、スパコン事件で詐取された補助金は100億円。片や税金、片や仮想通貨。カネの「性質」は違えども、「額」だけを比べれば「小さい、小さい」と言いたくなるではないか。しかも、記者会見をした仮想通貨取引所の運営者は、言葉は悪いが20代半ばの若僧。ネット上の銀行ごっこにしろ、「580億円」は、小樽市や守口市(大阪府)、大牟田市(福岡県)の歳入額に匹敵する金額。う〜ん。これが現代の銀行強盗なのか?どう頭をひねってもピンと来ないが、さらに驚かされたのが、事件発覚後、間髪を入れず発表された「仮想通貨の保有者26万人に手持ち資金で全額返金する」とのコメント。「おいおい、正気かい?」。――「1円を疎かにする者は1円に泣く」と教えられた我々にしてみれば、人騒がせなゲームとしか思えないが、真相はどうなのか。過去のマウント・ゴックス(日本・480億円)、ビットフイネックス(香港・66億円)、THE DAD(ドイツ・52億円)、ナイスハッシュ(スロベニア・72億円)の被害額を遥かに上回る事件だけに、「仮想通貨は時代の徒花」と看過すべきでないと思う今日この頃でございます。――本日もよろしくお願いします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「俺も仮想通貨には疎いんだが、渦中のコインチェックというのは、お笑いタレントの出川某が出演するテレビCMを頻繁に流していた企業だろ」

 

「せっかく好感度が急上昇。茶の間の人気者になったのに、あんなCMに出たおかげで片棒担ぎの烙印を押されてしまうかもしれませんね」

 

「好事魔多し――今後のに展開にもよりますが、所属するM芸能社も頭が痛いでしょう(笑)」

 

「最近、知ったのだが、仮想通貨って、お金じゃないんだよな。だから出資法にも利息制限法にも引っ掛からないんだって。それなのに『通貨』だなんて呼ぶから、話がややこしくなるんじゃないか(笑)」

 

「仮想通貨の話は稿を改めるとして、今日は昨年も当欄で何度か触れましたが、ソーシャルレンディング界の問題企業・LCレンディングについてEさんにレポートをお願いしたいと思います」

 

「既に青息吐息。業界関係者が口を揃えて、満載喫水線が危険ゾーンに突入したと言っているが、まだ頑張っているのかい?(笑)」

 

「まだ悪あがきをしていますよ。――今年に入って、8億3000万円もの資金を投入した富士リゾートカントリークラブの役員に変更がありました」(登記簿参照)

 

「へ〜っ!――厄ネタ中の厄ネタゴルフ場の役員になるなんて、奇特な御仁もいるもんだな」

 

「LCレンディングの社長を兼務している山中健司が1月18日付で辞任、代わりに水田章が代表に就任、もうひとり藤原雅明が取締役に就任(いずれも1/18)しています」

 

「どうせ同社の黒幕で、山中の盟友・浦郷直樹の指図だろう」

 

「浦郷の舎弟の青木英嗣は、まだ居座っているのかい?」

 

「浦郷の義弟の上地毅樹なんか昨年中にさっさと辞任(5/1)しているのに、まだ頑張っています」

 

「浦郷の盃が重くて、辞めたくても辞められないんでしょう(笑)」

 

「ホントにバカですよ。そこそこの経歴の持主なのに、浦郷の子分になったばかりに、それもオジャン。今では当局のマル秘人別長でも歴とした反社人物にノミネートされていますよ」

 

「しかし、山中はどうして突然、辞任したのでしょうかね?」

 

「辞任も何も、就任したこと自体がミステイクなのですが、これ以上、いわくつきのゴルフ場の社長を兼務していると手が後ろに回ると思ったのでしょう」

 

「今さら社長を辞めたところで、遅かりし由良之介。特別背任、詐欺の容疑は消えないのに…(笑)」

 

「自業自得。目先の3000万円に目が眩んだことが間違いの始まりだわな」

 

「その富士リゾートカントリークラブですが、『10億円で買わないか?』と浦郷周辺のブローカーが持ち歩いているそうです」

 

「どう贔屓目に評価しても2〜3億円なのに10億とは、冗談も程々にしないと、また別の事件が起こるんじゃないですか」

 

「LCレンディング本体も火の車のようですし、兄弟会社のJCサービスも断末魔状態です。そろそろ時間のようですので、次回は元締的存在のmaneoマーケットも含めた、グループの惨状についてレポートしたいと思っています」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

寒い毎日です。天気予報によれば、今週もまた雪が降るとか。悪性のインフルエンザも流行っています。くれぐれもご自愛ください。なお、次回はAさん、Cさんの都合で座談会はお休みにさせて戴きます。



富士リゾートカントリークラブ登記簿
 

| 記者クラブ楽屋裏座談会 | 08:05 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 08:05 | - | -
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
モバイル